個人情報保護方針Privacy Policy

最終更新日:2018年5月25日

この個人情報保護方針(以下「方針」)は、WatchGuard Technologies, Inc. および世界各国のその子会社および関連会社(以下「ウォッチガード」または「当社」)における個人情報の収集、使用、および開示の方法を説明するものです。本方針は、www.watchguard.com, www.watchguard.co.jpと世界各国のウォッチガードの他のウェブサイトを含むウォッチガードのウェブサイトに適用されます。本方針は、ウォッチガードの製品とサービスにも適用されます。具体的には、Fireboxネットワークセキュリティアプライアンス、それらのアプライアンスまたはクラウドで動作するネットワークセキュリティサービス、WatchGuard Cloudサービス、Wi-Fi Cloudサービス、WatchGuard Dimension管理サービス、ウォッチガードのパートナーポータルとその関連サービス、およびその他の製品やサービス(以下「サービス」と総称)が含まれます。ただし、本方針は、異なる個人情報保護規定が掲示またはリンクされたりいたり、ウォッチガード以外の会社が運用するウェブサイト、製品、またはサービス、あるいは、ウォッチガードのチャネルパートナーを含む第三者の業務活動または営業活動には適用されません。本方針はさらに、「サービス」の運用において処理されたものの、ウォッチガードがアクセスすることのない情報にも適用されません。これに該当する情報としては、たとえば、お客様のネットワークで動作するFireboxアプライアンスによって処理されるネットワークトラフィックがあります。

ウォッチガードは、お客様の同意がある場合、もしくはお客様が利用する「サービス」の提供、ウォッチガードの業務の運用、ウォッチガードの契約上および法律上の義務の遂行、ウォッチガードのシステムおよびウォッチガードのお客様のセキュリティ保護、またはその他の正当な目的の達成に必要な場合に、お客様の個人情報を収集し、処理します。

収集される情報

ウォッチガードは、お客様がウォッチガードの「サービス」を使用される場合に、お客様の情報をさまざまな方法で収集します。ウォッチガードは、お客様がウォッチガードに提供する個人情報を収集します。たとえば、ウォッチガードの「サービス」を利用する際にお客様がウォッチガードに提供する、お客様の氏名、メールアドレス、ソーシャルメディアのID、住所、電話番号、ファックス番号、人口統計やその他の情報を収集します。また、お客様がウォッチガードのウェブサイトまたはその他の「サービス」を通じてウォッチガードの製品を購入する場合は、クレジットカード番号も収集します。お客様が個人情報を提供しないことを選択すると、一部の「サービス」を利用できなかったり、正しく機能しなかったりする場合があります。ウォッチガードはさらに、他のソースから情報を取得して、ウォッチガードの「サービス」で収集する収集と組み合わせて使用することがあります。

ウォッチガードは、ウォッチガードのウェブサイトやその他の「サービス」の傾向を分析、管理する目的で、いくつかの情報を自動的に収集します。収集する可能性がある情報としては、インターネットプロトコル(IP)アドレス(または、インターネットのアクセスに使用するプロキシサーバ)、デバイスおよびアプリケーションの識別番号、場所、ブラウザの種類および言語、インターネットサービスプロバイダまたは携帯電話会社、参照したページ、ファイル、およびビデオ、検索内容、オペレーティングシステムおよびシステム構成の情報、およびお客様による使用に関連する日付とタイムスタンプがあります。お客様がウォッチガードのウェブサイトを訪問すると、その前後にお客様がアクセスしたウェブサイトのURLも自動的にウォッチガードに送信されます。

クッキー。 ウォッチガードは、「クッキー」を使用して情報を収集します。クッキーとは、お客様のコンピュータやモバイルデバイスにWebサイトによって保存される小さいデータファイルです。クッキーにはさまざまな目的がありますが、その1つとして、ウォッチガードがお客様により良い「サービス」を提供し、お客様の顧客体験を向上させる目的で、クッキーを使用します。ウォッチガードはクッキーを使用して、人気のある分野や機能が何であるかを判断したり、ウォッチガードのWebサイトや特定のWebページの訪問数を記録します。また、クッキーを、ターゲット型のコンテンツ、プロモーション、または広告の表示にも使用します。ウォッチガードのWebサイトで使用されるクッキーの詳細については、クッキーの取り扱いに関する方針を参照してください。

ウェブビーコン。 ウォッチガードは、ウェブビーコンを単独で使用したり、クッキーと併用したりすることで、情報を収集します。ウェブビーコンとは、クッキー、ウェブビーコンに関連付けられた特定のウェブサイトや「サービス」を閲覧した日時、ウェブビーコンに関連付けられたウェブサイトや「サービス」の記述などの、お客様のコンピュータに保存されている特定の種類の情報を知る目的で使用される、透明な電子画像です。たとえば、ウォッチガードまたはウォッチガードのマーケティングパートナーが、お客様が電子メールに含まれるウォッチガードのいずれかのウェブサイトへのリンクをクリックしたときにウォッチガードまたはウォッチガードのパートナーに通知されるようにする目的で、マーケティングの電子メールにウェブビーコンを組み込む場合があります。ウォッチガードは、ウェブの利用やマーケティングキャンペーンの効果を理解し、ウォッチガードのウェブサイト、「サービス」、および電子メールによるコミュニケーションを運用、改善する目的で、ウェブビーコンを使用します。ウォッチガードにおけるウェブビーコンの使用についての詳細は、クッキーの取り扱いに関する方針を参照してください。

分析。 ウォッチガードに「サービス」に関する分析サービスを提供する第三者が、前述の情報の一部を自動的に収集することがあります。これに該当する情報としては、たとえば、IPアドレス、アクセス時間、ブラウザの種類および言語、デバイスの種類、デバイス識別子、および無線LAN に関する情報があります。Google Analytics、Marketo、Mouseflow、Salesforce、Widen、Wistiaなどの第三者によるこれらのデータの使用についての詳細は、各社の個人情報保護方針および規定を参照してください。

広告。 広告会社や広告関連サービスなどの上記以外の第三者が、「サービス」やその他のサイトおよびサービスを通じて、前述の情報を収集することがあります。これに該当する情報としては、お客様が「サービス」を使用する際の、異なるウェブサイト、デバイス、オンラインサービス、およびアプリケーションでのオンライン活動に関連する、個人識別可能情報があります。ウォッチガードをサポートする第三者やその他の企業は、お客様が使用するブラウザやデバイスでのお客様の活動を、リターゲティング広告、クロスデバイス広告、分析、および測定の目的で利用します。Googleアドワーズなどの一部の第三者が、ウォッチガードや他の企業に代わって情報を収集し、オンライン広告の目的で使用したり、ウォッチガードのウェブサイトやその他の「サービス」のユーザに関する統計をウォッチガードや他の企業に提供したりする場合があります。

「Phone Home」データ。 ウォッチガードのFireboxアプライアンスには、特定の情報を送信するためのデフォルト設定があります。このデフォルト設定に従い、そのアプライアンスのIPアドレス、設置場所の国、シリアル番号、および診断データなどの特定の情報が、アクティベーション時に加えて、それ以降も週1回程度の頻度で送信されます。Fireboxの管理者権限があるお客様は、この設定を変更して、これらのデータが送信されないようにすることが可能です。

収集した情報の使用

ウォッチガードは、ウォッチガードの「サービス」を通じて収集された個人情報を、本方針に記載する目的で使用したり、ウォッチガードの「サービス」や「サービス」に関連する目的で開示する場合があります。たとえば、お客様の情報を以下の目的で使用することがあります。

  • 社内の業務、システム、および「サービス」を運用し、改善する
  • お客様自身やお客様の嗜好を理解することで、ウォッチガードの「サービス」を使用する際のお客様の顧客体験や満足度を向上させる
  • お客様からのご意見、ご質問、サポートの問い合わせに対するサービスを提供する
  • お客様からの直接的なご依頼、またはウォッチガードのチャネルパートナー経由でのリクエストに対する「サービス」を提供する
  • ウォッチガードの「サービス」を再販するチャネルパートナーに対し、当該サービスのプロビジョンに必要な情報を提供する
  • お客様やチャネルパートナーに対し、確認書、請求書、満了日、更新の通知、技術的な通知、「サービス」の最新情報やセキュリティフィード、セキュリティアラート、およびサポートや管理のメッセージなどの「サービス」に関連する情報を送信する
  • お客様に対し、新製品やサービス、イベント、販促、リワードなどの情報やウォッチガードのパートナーが提供する製品やサービスに関するニュース等の情報をお知らせする
  • コンテストへの参加申込み、およびリワードのリクエストを処理し、送付する
  • お客様に関する情報をウォッチガードが第三者から入手するその他の個人情報と結び付けたり組み合わせたりすることで、お客様のニーズについての理解を深め、よりパーソナライズされた、より良いサービスを提供する
  • 詐欺、不正、または違法行為から保護し、それらの行為を調査、抑止する

個人情報の共有

ウォッチガードは、以下の場合を除き、お客様の個人情報を第三者と共有しません。

  • お客様の同意、たとえば、別途定めるプライバシーポリシーの対象となるマーケティングの目的で、他の第三者とお客様の情報を共有することにお客様が同意した場合
  • お客様への「サービス」の提供にあたって必要な情報を、当該「サービス」の提供を担当する、リセラーなどのウォッチガードのチャネルパートナーと共有する場合
  • ウォッチガードの業務を代行する、第三者のベンダー、コンサルタント、およびその他のサービスプロバイダと、当該業務の遂行にあたって必要なお客様の情報を共有する場合
  • (i) 法律の遵守、または合法的な要求や法的手続きへの回答を目的とする場合、(ii) ウォッチガードの契約、方針、および使用条件の施行を含む、ウォッチガードおよびウォッチガードの代理店、お客様、および第三者の権利や財産の保護を目的とする場合、または、(iii) 緊急時においてウォッチガード、ウォッチガードのお客様、または任意の人物の個人の安全を保護する場合
  • 合併、資金調達、買収、破産、解散、取引、もしくは、ウォッチガードのすべてまたは一部の業務または資産の別会社への売却、移転、譲渡、または開示を伴う手続きの交渉に関連する業務や交渉そのものを遂行する場合

ウォッチガードは、集計された情報や個人を識別できないようにした情報を共有する場合があります。

個人情報のセキュリティ

ウォッチガードは、必要な手段を講じて、お客様の個人情報の紛失、誤用、不正アクセス、開示、改ざん、および破壊を防止し、保護するよう努めます。

個人情報の移動

ウォッチガードが収集する個人情報は、お客様の地域、米国、またはウォッチガードもしくはウォッチガードの関連会社、子会社、またはサービスプロバイダの施設が置かれているその他の国で保存され、処理されることがあります。ウォッチガードは、米国、ドイツ、および日本に主要データセンターを設けています。ウォッチガードは、指定された手段を講じて、本方針に基づきウォッチガードが収集するデータが本方針およびデータが置かれている国や地域の準拠法に従って正しく処理されるよう努めます。

ウォッチガードは、欧州経済地域およびスイスから他の国への個人情報の移動にあたっては、欧州委員会によって適切なデータ保護の水準が定められていない国があることも考慮し、契約を含むさまざまな法的手段を利用して、お客様の権利と保護が確実に保証されるよう努めます。

個人情報の保管と保持

ウォッチガードによるお客様の個人情報の保持期間は、お客様から依頼されたサービスの提供に必要な期間、または、ウォッチガードの法的な義務の遂行、紛争の解決、およびウォッチガードの契約の施行などのその他の必要不可欠な目的のいずれかによって決定されます。これらのニーズは、データの種類やサービスのコンテキストによって異なる場合があるため、実際の保持期間が大きく異なる場合があります。以下の基準を使用して保持期間が決定されます。

1.対象サービスの提供にあたって個人情報が必要とされる期間がどれ位か。 これには、「サービス」の履行の維持および向上、システムのセキュリティ対策の有効化、および適切な業務記録や財務記録の維持が含まれます。

2.ユーザがデータの提供、作成、または維持にあたって、ユーザが自らの意志でデータを削除するまでの間、ウォッチガードによってデータが保持されると期待しているか。 このような状況においては、ユーザが自らの意志でデータを削除するまでの間、ウォッチガードがデータを維持する場合があります。

3.機密性の高い個人情報か。 機密性の高いものである場合、保持時間を短くすることが妥当であると考えられます。

4.データを保持する法律上、契約上、または同様の義務がウォッチガードにあるか。 具体的な例としては、管轄地域のデータ保持に関する強制力のある法律、政府によるデータ保存の命令、または訴訟の目的で保持しなければならないデータが含まれます。

お客様による情報の選択と変更

ウォッチガードが保有するお客様のいずれかの個人情報に対するアクセス、修正、または削除、あるいは、ウォッチガードによるお客様の情報の使用方法の変更をお客様が希望される場合は(ウォッチガードは、準拠法で認められている場合にお客様に費用を請求する権利を留保します)、ウォッチガードサポートにご連絡ください。ただし、不当な要求、法律で禁止されている要求、または準拠法で遵守するよう定められていない要求については、ウォッチガードがご依頼をお断りする場合があります。

お客様は、それらの電子メールの指示に従うことで、ウォッチガードからの販促メールの受け取りをオプトアウトすることができます。また、ウォッチガードのサブスクリプションセンターでお客様の電子メール連絡先の設定を管理することもできます。お客様がオプトアウトした場合も、お客様のアカウントや継続中の業務に関連する事項など販促以外を目的とする電子メールをウォッチガードがお客様に送付することがあります。お客様はさらに、marketingoperations@watchguard.comに電子メールを送信することで、第三者との個人情報の共有をオプトアウトする要求を始めとする、お客様の情報や連絡先の設定変更に関する要求を送信することもできます。

ほとんどのWebブラウザは、デフォルトでクッキーを受け入れるように設定されています。受け入れないようにする場合、一般的には、ブラウザからクッキーを削除するか、ブラウザを設定して、すべてのクッキー、すべての第三者のクッキー、または特定のクッキーをブロックするようにします。クッキーを削除またはブロックすることを選択すると、ウォッチガードのウェブサイトの特定の機能やサービスが無効になったり、影響を受けたりすることがあります。

ウェブブラウザには、追跡を無効にするためのシグナルやその他の仕組み(「Do Not Track(追跡拒否)」設定など)があり、ウォッチガードや他の団体はお客様に対し、本方針に記載する選択の機会を認めていますが、ウォッチガードは現在、これらの仕組みを考慮していません。

欧州におけるお客様の個人情報保護の権利

お客様が欧州経済地域の以下の権利を認めているデータ保護に関する準拠法の適用対象である場合、ウォッチガードは、かかる準拠法を遵守します。

  • ウォッチガードがお客様の同意に基づいて個人情報を処理している場合、お客様は、以降の処理に対する同意をいつでも撤回する権利を有します。
  • お客様は、お客様の個人情報へのアクセス、修正、または消去、もしくは、お客様の個人情報の使用可能な形式のコピーの転送、または受信を要求する権利を有します。
  • お客様は、一定の状況下において、お客様の個人情報の処理に反対する権利を有します。
  • お客様は、データ保護局に苦情を申し立てる権利を有します。

フランスの法律の適用対象となるお客様は、privacy@watchguard.comに連絡することで、お客様の死亡後の個人情報の使用に関する具体的な指示を送付することができます。

本方針の変更

ウォッチガードは、本方針を随時変更することがあります。ウォッチガードが本方針を変更する場合、前述の「最終更新日」を変更するか、準拠法による要求に従って、かかる変更について通知するか同意を得ることとします。

ご質問

本方針についての質問、または、ウォッチガードの個人情報保護に関する苦情の申し立てについては、privacy@watchguard.comまでお問い合わせください。

LINE をかたるフィッシング (2018/08/24)