ネットワークの可視化Network Visibility

ネットワークのブラインドスポットをクローズアップ

ちょっとした隙にネットワーク上で発生するトラブルが問題になったことはありませんか?未承認のデバイスや不正デバイスがネットワークにアクセスする可能性があります。個人ユーザが大量のネットワーク帯域幅を占有したり、ノートパソコンや携帯電話に誤ってマルウェアをダウンロードしたりする可能性もあります。ボットネットやゼロデイ脅威は、予め決めていた攻撃時期になるまで、何か月もネットワークに潜伏する場合があります。あらゆる状況に限られた人員で対処することは不可能です。たとえ可能であっても、一般的なネットワークで生成されるネットワークログは、エキスパートチームでさえ整理できないほど膨大になり、日々追加されるデータ量も膨大です。

ネットワーク上での活動

WatchGuard Dimension によって、ネットワークセキュリティに関するビッグデータが可視化され、それに伴う新たなコストの準備や複雑さへの対応は必要ありません。ネットワークセキュリティの脅威、問題、傾向を追跡することにより、脅威の排除、ネットワーク全体にわたって有効なセキュリティポリシーの設定、コンプライアンスの遵守にかかる時間を短縮できます。

ネットワークディスカバリ(Network Discovery)

開いているポート、不正デバイス、またはネットワーク上の許可されないサーバは、すべてサイバー攻撃の侵入経路となる可能性があります。Network Discoveryサービスでは、接続されたすべてのノードを明確なビジュアルマップで示すことによって、ご使用のネットワークに危険が及ぶ可能性のあるすべての場所を確認でき、被害を防止できます。

ボットネットの検出

ボットネットアクティビティは、感染したマシンの画面上では確認できないため、所有者に気付かれることなく悪事を行います。ウォッチガードのReputation Enabled Defense (RED) サービスは、すべてのポートとプロトコルにわたってアウトバウンドトラフィックを監視することにより、ボットネットアクティビティをリアルタイムに検出し、即座に停止させることが可能です。

Mobile Security

Mobile Securityサービスは、iOSおよびAndroidデバイスからネットワークに接続しようとするすべての活動を「監視」し、企業ポリシーを適用します。ルート化された改造デバイスや、未承認デバイスからのアプリケ―ションのダウンロードをブロックし、Androidデバイスのマルウェアをスキャンすることで、保護レイヤが追加されます。

Threat Detection and Response(TDR)

TDRの主要コンポーネントであるThreatSync は、クラウドベースの相関分析と脅威のスコアリングエンジンを導入し、ネットワークおよびエンドポイントから実用的な洞察を提供することにより、セキュリティに対する認識と対応を促進します。ThreatSync は、WatchGuard Firebox、WatchGuard Host Sensor、および脅威インテリジェンスフィードからイベントデータを収集し、このデータを相互に関連付けて、対策の指針となる、総合的な脅威のスコアリングとランク付けを生成します。

詳細をみる
Apple をかたるフィッシングにご注意ください (2017/06/07)