次世代ファイアウォールNext-Generation Firewall

「次世代」ファイアウォールとは何か

歴史的に、次世代ファイアウォール(NGFW)アプライアンスは、ファイアウォール、侵入検知、アプリケーション制御など、限定的なセキュリティサービスのセットを提供するように設計されてきました。NGFWが初めて定義されて以降、セキュリティの脅威、およびそれらの脅威と闘うためのテクノロジは大きく進化し、さらなるネットワークセキュリティサービスに対する需要を生み出してきました。したがって、SSL インスペクション、Web サイトフィルタリング、QOS、ウイルス対策、さらに標的型攻撃対策としてのサンドボックスなど、その他の技術やサービスを基本的なNGFWアプライアンスに取り込む必要があります。こうした追加のサービスは、ユーザにセキュリティ強化に関する価値をもたらす一方で、多くの人々がNGFWとUTMアプライアンスの違いについて疑問をもつようになりました。

企業は、NGFWまたはUTMアプライアンスのどちらかを検討するのではなく、セキュリティの強化、導入・管理に関する組織に固有のセキュリティ対策の要件を満たす適切なネットワークセキュリティアプライアンスを検討する必要があります。

ウォッチガードのソリューション

ネットワークセキュリティへのウォッチガード独自のアプローチは、企業規模や技術的な専門家のリソースにかかわらず、すべての組織にベストインクラスのエンタープライズグレートのセキュリティソリューションを提供することに重点を置く事です。ネットワークセキュリティアプライアンスは、中堅中小企業、および分散型エンタープライズにとって理想的なソリューションであり、限られたリソースの中で、最強のセキュリティを提供するだけでなく、容易な導入、運用管理を目標に設計されています。

ウォッチガードは、優れたネットワークセキュリティサービスを唯一のセキュリティプラットフォームで提供できるだけでなく、実証済みの最高のパフォーマンスを備え、新しい脅威や進化する脅威のベクトルに対して、どのソリューションよりも迅速に適応できます。

ウォッチガードはセキュリティ企業であり、すべてのユーザに最高の保護を提供することを目指しています。そのため、ユーザには、完全なセキュリティスイートを採用されることを推奨しています。ウォッチガードのTotal Security Suite を導入することで、Fireboxネットワークセキュリティアプライアンスは、あらゆるネットワークの脅威に対して最強のセキュリティを提供します。すべてのFirebox は、スタンドアロンのNGFWアプライアンスとして購入可能です。しかしながら、ウォッチガードは、他のセキュリティ機能なしにNGFWを導入することは推奨しません。セキュリティへの最高のアプローチは多層防御によるアプローチです。

[更新] Apple をかたるフィッシング (2017/12/15)