スタートアップガイド

ご購入いただいたWatchGuard製品は
3ステップでお使いいただけます

WatchGuardアカウントの作成

WatchGuardアカウントはWatchGuardのFirebox / XTM(以下デバイス)を管理/運用するお客様にご利用いただくものとなります。
アカウント作成は初回購入時のみ必要です。2回目以降のご購入時には、作成済みのアカウントにデバイスを登録していきます。

Firebox / XTMをアカウントに登録

作成済みのアカウントにデバイスを登録します。登録の際には以下のものが必要になりますので、あらかじめご用意ください。

  • WatchGuard アカウントのUser name/Password
  • デバイスのシリアル番号
    • テーブルトップ製品
      デバイスの底面に貼ってある、製品名の書かれたバーコードのシール
    • ラックマウント製品
      デバイスの背面に貼ってあるバーコードのシール
  • デバイスにつけるデバイス名

Firebox / XTMの初期セットアップ

デバイスを使い始めるにあたり、初期セットアップを実行します。詳しい手順はFirebox / XTM 初期セットアップガイドをご参照ください。

各手順ごとの設定ガイド

事前準備

フィーチャーキー取得、必要ソフトのダウンロードとインストールについて。

手順を確認する
デバイスのファクトリー・リセット

デバイスを工場出荷状態に戻す方法(購入したばかりのものには必要ありません)。

手順を確認する
初期セットアップウィザード

初期セットアップには2つの方法があります。どちらかの方法で実行してください。

WSMに付属のQuick Setup Wizard ブラウザを使った Web Setup Wizard

製品のご購入について

ウォッチガード製品は、ウォッチガード販売パートナーよりご購入いただけます。
製品に関するお問い合わせおよびお見積りは、ウォッチガード販売代理店もしくは最寄のウォッチガード販売パートナーまでお問い合わせください。尚、製品のご購入に関して、導入・保守サポートを提供するウォッチガードパートナーやお近くの販売パートナーのご紹介も行っております。製品に関するご不明な点やご質問など、お気軽にお問い合わせください。

OMC Plus をかたるフィッシングにご注意ください(2017/09/25)