2018年セキュリティ予測

仮想通貨システムの機能停止

ハッカーなどのサイバー犯罪者は、ビットコインなどの人気の高い仮想通貨の価値を完全に消失させるような極めて重大な脆弱性を発見するでしょうか。ビデオを是非ご確認下さい。

Wi-Fiのハッキング

Wi-Fiはハッカーにとって一般的な攻撃ターゲットですが、ソフトウェア無線(SDR)は2018年に攻撃ターゲットとなる無線プロトコルの選択にどのように影響するでしょうか?ビデオを是非ご確認下さい。

企業におけるサイバー保険の採用増加

ランサムウェアを悪用する犯罪者は、犯罪による報酬を増やしたいと企んでいます。サイバー保険の契約者は支払いを行ってしまう可能性が高いのでしょうか。ビデオを是非ご確認下さい。

IoTボットネットにより、新たな規制の施行が余儀なくされる

大規模なIoTボットネット攻撃が発生した後、行政機関がIoTセキュリティに対処するまでにどれくらいの時間がかかるでしょうか。ビデオを是非ご確認下さい。

Linuxの攻撃が倍増

WatchGuard Threat Labの調査によれば、Linux固有の攻撃は増加していますが、この状況は2018年にも継続します。ビデオを是非ご確認下さい。

多要素認証

中堅中小企業は、多要素認証を利用してデータ漏洩やパスワード漏洩についてどのように対処するのでしょうか。また、今後新しいタイプの多要素認証ソリューションが広く採用されるのでしょうか。ビデオを是非ご確認下さい。

電子投票システムのハッキング

2018年の選挙に大きな影響を与えるのは何でしょうか。誤報やプロパガンダなのでしょうか、あるいは電子投票システムのハッキングなのでしょうか? ビデオを是非ご確認下さい。

最新のセキュリティニュースを以下のリンクから確認してください。

[更新] ソフトバンクをかたるフィッシング (2018/07/04)