人工知能(AI):組織のネットワークを守るセキュリティの番人

人工知能(AI):組織のネットワークを守るセキュリティの番人

次々に現れる新たな脅威の高度化、また脅威の進化の速度を考えると、人工知能(AI)テクノロジーのセキュリティ対策への活用は、あらゆる規模の組織にとって今や不可欠なツールといえます。 実際には、情報漏えいというものは、あっという間に起こるものです。

たった一箇所が感染しただけでも、マルウェア感染による脅威の感染拡大の速度は凄まじく、エンドポイントからエンドポイントへ、また、拠点から拠点へ、企業から企業へと、山火事のように一気に広がる可能性があります。

人工知能(AI)とは

人工知能(AI)は、変化する状況に適応し、人間の知能を必要とするタスクを行えるコンピュータシステムを開発するプロセスとして広く定義されています。

今日、AIは私たちの生活の本質的な一部となっており、このテクノロジーの採用は今後数年間で急速に加速すると見込まれています。実際、PwCによる最近の報告によると、AIによる経済効果は2030年までに15.7兆ドルに達するといいます。

AIがサイバーセキュリティにとってなぜ重要なのか

保護に対する従来のアプローチは、手動のプロセス、事前に確立されたポリシーに大きく依存しており、絶えず進化する脅威の攻撃を十分に防御することができません。膨大な量の脅威の指標を解析することは、最も熟練したチームであっても、短時間に多くの労力と処理を必要とし、時間のかかるプロセスです。

IT部門は、既にアラートと誤検知の嵐に巻き込まれており、攻撃は一度に何ヶ月も気付かれないままになっている可能性があります。

AIを基盤とすることで、組織のセキュリティ体制を大幅に改善しながら、時間を節約し、より多くのデータを集約し、関連付け、迅速な意思決定を行い、人的ミスを最小限に抑え、将来の脅威の傾向を予測することができます。

AI(人工知能):チーム専属の自動セキュリティアナリスト

すべてのセキュリティアナリストの目的は、攻撃をできるだけ効率的に防止しながら、できるだけ早急に脅威を検知し、対応できるようにすることです。 自動化やAIの採用とは、24時間365日稼働する、熟練のセキュリティアナリストを専属で持つのと同じような効果を発揮します。

AIは次の機能の自動化を実現:

  • 防御

    シグニチャやクラウド接続が
    不要な防御機能

  • 検知

    静的、動的な分析を実現する
    自己学習システムにより実現

  • レスポンス

    脅威情報のスコアリング、レスポンス

TIME TO RESPOND

ウォッチガードはAIをどのように活用するのか?

ウォッチガードセキュリティサービスポートフォリオに含まれる人工知能(AI)システムは、プロセスの自動化を可能にする推進力となり、新たな脅威に対する当社の対応範囲を大幅に強化します。AIによるセキュリティ実装が成熟し続けるにつれて、AIは最もシンプルかつ実用的な方法で最も深く詳細な洞察を提供し、将来の攻撃に対し最新の防御を可能にします。それらを実現するため、AIは当社の全てのポートフォリオプラットフォームを接続します。

Downloads & Resources

最新の脅威に対応するための Gateway AntiVirus エンジンの提供について