EPP/EDR

WatchGuardはPanda Securityを買収することにより、顧客やパートナーにとって欠かせないセキュリティサービスを1つに統合しました。

WatchGuard のエンドポイントセキュリティはこれまで DNS レベルの保護、多要素認証、その他のセキュリティ機能を拡張し、企業ネットワーク外の従業員を保護してきました。さらにPanda Securityの包括的なエンドポイントセキュリティ・プラットフォームにより、エンドポイントを保護する最先端のEDR機能が追加されました。

Panda Security のEDRと代表的なサービスを組み合わせたエンドポイントプロテクションプラットフォーム(EPP)スイートがPanda Adaptive Defense 360(AD360)です。詳細は以下の動画をご覧ください。

 

Adaptive Defense 360はEDR技術で従来型AVを改善

複雑になることなく最大限の保護を実現するために設計されたPandaの主力製品であるAdaptive Defense 360(AD360)は、エンドポイントセキュリティの不確定要素を排除するよう設計され、シンプルにパッケージ化されています。

従来型のウイルス対策 Adaptive Defense 360
シグネチャに基づく 行動インテリジェンスに基づく(ビッグデータ+機械学習)
既知のマルウェアのみを検出 既知および未知のマルウェア、標的型攻撃、ファイルレス攻撃、および検出したその他の悪質な行動を含むすべての脅威タイプから保護
悪いと見分けたものだけをアラートで送信 最初は信頼できると判断されたプロセスであっても、実行中の100%のプロセスを継続的に監視、ログ収集、分類するマネージドサービス
基本的な保護 予防・発見・修復
攻撃に関する情報を提供しない 詳細なフォレンジック情報、セキュリティ監査、リアルタイムアラート
マルウェアがエンドポイントに侵入した場合には動作しても、プロセスのアクティビティを監視しない すべてのエンドポイントのアクティビティを包括的に可視化

早期アクセスプログラム

Panda の AD360 製品は、現在、1,000万以上のエンドポイントで稼働しており、セキュリティ市場での成功を収めています。当社ではビジネスシステムと製品リソースを調整するための重要な作業を進める一方で、WatchGuardのパートナーや顧客の皆さまには早期アクセスプログラムにお申込みいただくことにより、Pandaの既存のインフラを活用しながら、AD360とAdvanced Reporting Tool (ART) のメリットを受けることができます。お問合せはこちら

Panda Logo

ビジネス向けPanda製品

PandaのAdaptive Defense 360(AD360)は、次世代のウイルス対策、エンドポイント検出・対応(EDR)、パッチ管理、コンテンツフィルタリング、電子メールセキュリティ、フルディスク暗号化などを1つのパッケージにまとめた同社のエンドポイントプロテクションプラットフォーム(EPP)スイートです。AD360プラットフォームは、自動化されたAI駆動プロセスとマルウェアアナリストチームによる分析サービスの組み合わせにより、実行中のすべてのアプリケーションの正当性と安全性を証明する独自の100%認証サービスを提供します。さらに、企業はPandaのクラウドベースのAetherプラットフォームを使用して、すべてのAD360クライアントを一元管理することができます。

【重要】 Panda Security製品Legacy環境サポート終了のお知らせ

ボットネット「Cyclops Blink」への対応について(2022/2/24)