RapidDeploy

Fireboxのゼロタッチ構成

複数拠点にセキュリティを展開する企業または、セキュリティサービスプロバイダ(MSSP)は、ネットワーク技術者を出張させる必要はありません。 このソリューションを使用すると、オフィスからFireboxの導入を簡単に行えます。 WatchGuard RapidDeployは、Fireboxアプライアンスに標準で実装されている強力なクラウド型の導入および設定ツールです。 アプライアンスの電源を入れてインターネットに接続するだけで、リモートからの設定を行う事が可能です。

主な機能

  • リモートから複数のFireboxアプライアンスをすばやく設定
  • 電源が投入されれば、Fireboxアプライアンスは自動的に設定をダウンロード
  • 固有のニーズを満たす3つの簡単な設定方法

迅速かつ容易な展開

RapidDeployは、Fireboxアプライアンスをリモートから設定するための3つの簡単な方法を提供します。

  1. RapidDeployクイックスタート
    RapidDeployクイックスタートを使用して、ウォッチガードの推奨するポリシーと設定による構成ファイルを自動的に作成します。
  2. RapidDeploy 構成ファイルをWebサイトにアップロード
    RapidDeploy構成ファイルをWatchGuard Webサイトにアップロードすることで、1台のFireboxをリモートで設定します。
  3. Management ServerからのRapidDeployの利用
    Management ServerよりRapidDeployを使用して、一度に1台または複数台のFireboxアプライアンスを設定します。
メルカリをかたるフィッシングにご注意ください (2019/04/03)