AP322

屋外でも利用可能 セキュアなクラウド管理型無線LAN

AP322の頑丈なIP67規格に準拠した筐体は、風雨や寒冷な気候からワイヤレスアクセスポイントを保護し、高速、高帯域で信頼性の高いWi-Fi通信を提供します。AP322は、例えばスタジアムやスポーツフィールド、学校/大学、ショッピングモール、公園、ホテルのプールエリア、屋外カフェ、港湾、倉庫やその他の過酷な環境、屋外の環境に最適です。

Wi-Fi Cloudで管理すると、強力なWIPSセキュリティ、リアルタイムのビジネス分析、強力なエンゲージメントツール、マーケティングツールを使用することで、ウォッチガードアクセスポイントの可能性を最大限に引き出すことができます。

高耐久性の筐体

AP322は3×3 MIMO 802.11ac対応の高耐久性 屋外用アクセスポイントで、802.11a / n / ac、802.11b / g / n、および3つの空間ストリームをサポート。5GHz/2.4GHz同時 デュアルバンドに対応しています。IP67準拠の密閉型筐体は、過酷だったり湿った屋外環境においてこの屋外アクセスポイントを保護します。オーバーハング(庇)や屋根は必ずしも必須ではありません。

柔軟な管理オプション

ウォッチガードでは、中堅中小企業と、多拠点分散型企業のニーズを満たすことのできる2つの管理シナリオが利用できます。 基本的なワイヤレス管理機能をカバーできる、FireboxをGateway Wireless Controllerとして利用する形態と、より高度な管理機能を備えたWatchGuard Wi-Fi Cloudを利用して、アクセスポイントを管理する2つのシナリオがあります。 また、Wi-Fi Cloudにより、強力なWIPSセキュリティ、マーケティングツール、最適なビジネス洞察のためのロケーション分析機能など、拡張された機能が提供されます。 また、セキュリティアプライアンスFirebox で保護されたWatchGuard Wi-Fi Cloudクラウド管理APを使用することで、非常に高いセキュリティ機能とともに、クラウド管理型アクセスポイントソリューションによるセキュリティ機能、マーケティングツールのポテンシャルを最大限利用することができます。

詳細をみる

妥協しない高いパフォーマンス

バンドステアリング、ファストローミング、QoS(Quality of Service)機能など、最新のIEEE WLAN規格に準拠しているため、セキュリティを犠牲にすることなく、最も信頼性が高く高速なWi-Fiを利用できます。 Wi-Fi Cloudで管理されている場合、ウォッチガード APにはRF最適化、スペクトル監視、およびトラブルシューティングが標準装備されています。

検証機貸出サービスをご利用ください

当社の無線LANアクセスポイントの検証機の無料貸出サービスをリクエストできます。 無線LANユーザーを分析し、WIPSを設定し、マーケティングキャンペーンやスプラッシュページの作成、使い易いダッシュボードの利用が非常に容易であることを確認してください。

評価を開始する

クイックファクト

  • Wi-Fi Cloudで管理されている場合、AP322にはRF最適化、スペクトル監視、およびトラブルシューティングが標準装備されています。
  • すべてのWIPSが同じように作られているわけではありません。 特許取得済みのマーカーパケット技術を使用して、シンプルで正確で自動化されたフル機能のセキュリティを提供します。
  • 世界中のインターネットトラフィックのうち、63%が2019年までにWi-Fi経由で伝達されます。(Source: Cisco VNI Global IP Traffic and Service Adoption Forecast, 2014-2019)
  • 最新の802.11ac標準に準拠し、セキュリティを犠牲にすることなく、ワイヤレス通信において最大1.3Gbpsの速度を実現します。

関連資料をご覧ください

ホワイトペーパーフォームの入力が必要です

インフォグラフィック & eBook

無線LANを狙う11のセキュリティの脅威

無線LANに関連する脆弱性を悪用した標的型攻撃が増加しています。無線LAN環境を狙う11のセキュリティの脅威についてご説明します。

メルカリをかたるフィッシングにご注意ください (2019/04/03)