AP327X

屋外用アクセスポイント

AP327Xは、柔軟なアンテナパターンのカバレッジ機能を持つ4つのNタイプコネクタを備えており、クラウド管理による屋外Wi-Fiに対応しています。IP67準拠の筐体は最も厳しい環境に対する耐性を持ち、Trusted Wireless Environment(信頼の置ける無線環境)を屋外にまで拡張することができます。このアクセスポイントは、5GHzと2.4GHzのデュアルバンド同時接続が可能で、それぞれ最大867GHzと400Mbpsのデータ転送速度をサポートし、広範、高速、そして信頼性の高いWi-Fiカバレッジを実現しています。学校のキャンパス、倉庫、製造所、モール、公共施設のWi-Fiスポット、およびその他の自治体が運用するWi-Fiエリアにとって理想的です。

セキュリティに対する効果的な独自のアプローチを採用

AP327Xは、業界で唯一WIPS(無線侵入防止システム)をサポートするAPであり、アクセスポイントやクライアントデバイスを高い精度で分類し、Wi-Fiの脅威を適切に自動防御するとともに、無線の中間者攻撃、悪魔の双子攻撃、ハニーポットなどからネットワークを保護します。

柔軟な管理オプション

AP327Xは、ゲートウェイワイヤレスコントローラとしてFirebox® を利用して基本的管理を行うか、もしくはウォッチガードのWi-Fi Cloudで高度に管理にすることができます。

Wi-Fi Cloudでは、特許を保有するセキュリティ機能、マーケティングツール、ネットワークの可視化およびトラブルシューティング機能、そして最適なビジネスインサイトを取得できるロケーションベース分析など、豊富な機能を利用することができます。また、設定、構成、監視、トラブルシューティングなど、コントローラが一切不要なWi-Fi管理も可能であり、レガシーなコントローラインフラの制約を懸念することなく企業Wi-FiおよびゲストWi-Fiへのアクセスを改善することができます。Wi-Fi Cloud環境では、複数のロケーションにわたり、アクセスポイントの数を容易に拡張することが可能です。アクセスポイントは、ロケーション、建物、フロア、顧客などを元に多彩な方法でグループ化し、一貫したポリシーを適用することができます。

インテリジェントなネットワークの可視化とトラブルシューティング

Wi-Fi Cloudは、Wi-Fiの可視化、トラブルシューティング、ネットワークヘルスなど、業界初の包括的な機能により、IT担当者が抱える最も困難なWi-Fiネットワークの課題を解決します。基本しきい値を逸脱した例外を検知することにより、ネットワークの重要な問題やアプリケーションの課題をピンポイントで洗い出し、リモートでトラブルシューティングを行います。*

クイックファクト

  • 4つのNタイプのコネクタにより、柔軟なパターンカバレッジ機能が利用できる多彩な外部アンテナを提供(アンテナは別売り)
  • IP67の密閉型筐体により悪天候でも耐性があり、オーバーハングやシェルターは不要で直接風雨に晒されても問題なく利用可能
  • Wi-Fi Cloudに接続後、2分以内でアクティベートと構成が完了
  • 1つの無線で最大で8つのSSIDをサポートしており、柔軟なネットワーク設計を実現
  • スマートステアリングにより、低速のクライアントを最寄りのアクセスポイントに自動でプッシュ*
  • 1,900以上のアプリケーション*、ネットワーク接続、パフォーマンスの異常検知に対応したアプリケーションファイアウォール
  • Wi-Fi Cloudとの接続が途切れた場合でも、無線の脅威のスキャンとセキュリティポリシーの実行をそのまま継続*

    * Wi-Fi CloudでセキュリティWi-FiまたはトータルWi-Fiのライセンスを有効にする必要があります。

AP327Xにより、屋内と同一のWi-Fiプロテクション機能を屋外にまで拡張し、安定したWi-Fi接続を実現できたことで、お客様は自動的にハッカーから保護されますので安心して運用することができます。

~Paul Sillars氏、グループマネージングディレクタ、Shiloh Marketing Services Pty Ltd

スパムメール対策機能強化のためのエンジン移行について(2021/4/1)