ランサムウェアRansomware

ランサムウェアの犠牲にならないために

ランサムウェアは、個人、中堅中小企業、大企業を標的する攻撃として、攻撃及び被害が拡大しています。最初にランサムウェアが発見されたのは2005年まで遡りますが、過去3年間で爆発的に急増し、世界中で何百万台ものコンピュータやモバイルデバイスが攻撃されました。

ランサムウェアの正体とその巧妙な手口

ランサムウェアは、高度なマルウェアの一種であり、デバイスを支配し、ファイルの暗号化や、ユーザを完全にロックアウトしして、ファイルを使用できなくします。この種の攻撃は、不正Web サイトや感染Web サイトからのドライブバイダウンロードや、フィッシングメールによる添付ファイルの配信、脆弱なシステムへの攻撃などの多種多様な方法で感染させようとします。。ランサムウェアが実行されると、コンピュータがロックアウトされたり、特定のファイルが暗号化され、攻撃者はデバイスへのアクセス回復、暗号化したファイルの復号キーと引き換えに身代金の要求を行ってきます。同時に、支払い方法に関する詳細な手順と期限を通知してきます。

有効な対策とは?

この攻撃に対する防御方法として、従来は、ユーザの教育、定期的なソフトウェアの更新、すべての重要ファイルのバックアップを恒常的に行うという対策があります。いずれも感染を防御するための重要なベストプラクティスですが、高度な攻撃に対する最小限の予防策に過ぎません。
多くのセキュリティエキスパートは、ランサムウェアに対する効果的な防御の鍵は、セキュリティ機能の多層化であると伝えています。すべてのFireboxアプライアンスで利用可能なTotal Security Suite は、高度なマルウェアとランサムウェアに対する強力な防御を提供します。WebBlocker、APT Blocker、およびHost Ransomware Prevention などのTotal Security Suite に含まれるセキュリティ機能が、ランサムウェア攻撃のの検出と防止を支援します。

関連資料をご覧ください

ホワイトペーパーフォームの入力が必要です

インフォグラフィック

急増し続けるランサムウェアの脅威

ランサムウェアは、中堅中小企業などを標的として、急増しています。 実際に中堅中小企業の42% は、これらのタイプの攻撃から防御するためにリソースが不足しており、Crypt ランサムウェアが重大な脅威になると考えられています。

LINE をかたるフィッシングにご注意ください (2017/07/07)