2021/09/08 開催

ネットワーク出入口のセキュリティ対策 ~UTM (WatchGuard Firebox)徹底解説~ QAセッションあり〼

 

本セミナーについて

UTMを活用したネットワーク出入口のセキュリティ対策はいまや企業に欠かせないものに。攻撃からネットワークを守り、情報漏洩や攻撃の踏み台になることを防ぎ、安全なネットワークの利用環境を保護します。また、環境の安全を保つためには、サイバー攻撃や見えないリスクを把握しながら、適切な運用管理が求められます。
本ウェビナーでは、UTMが必要となっている背景から、UTMの代表的な製品「WatchGuard Firebox」の徹底解説、その適切な配置と実装、運用管理までトータルに深く紹介していきます。

対象者

オススメする方

  • 未知の脅威、マルウェア/フィッシング/不正アクセスなどの対策をご検討の方
  • UTM(統合脅威管理)導入検討中の方
  • UTMである必要性に疑問がある方
  • UTM導入済みもスループット低下など課題を抱えている方

技術レベル

  • 専門的な知識が無い方でもご理解いただけます

 

講師

  • ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
  • 株式会社コムネットシステム
  • ソニービズネットワークス株式会社

 

お話しすること

講師3名が分担して以下の内容で講演します

  • なぜUTMは必要なのか?
  • 多種多様なUTM製品から、WatchGuardが選ばれる理由
  • WatchGuardの概要/特長
  • 設置環境や運用形態による差異
  • ケーススタディ
  • 導入~運用サポート

※2021年6月30日開催のセミナー「ネットワーク出入口対策における課題と対処法~仮想UTM(WatchGuard Firebox V)~」の内容を、時間を拡大し、より詳細に解説いたします。

 

詳細

日程 2021年9月8日(水)
時間 10:30~12:00
開催形式 オンラインセミナー
対象者 企業のシステム運用・管理に携わる方
主催等 主催:ソニービズネットワークス株式会社
共催:株式会社コムネットシステム、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
定員 150名
参加費 無料

※ 弊社と競合関係にある企業の方の申込はお断りをさせていただきます。

※講演内容は変更となる可能性がございます。

 

参加方法

ソニービズネットワークス株式会社のサイトからお申込みいただけます。

カテゴリー: イベント & セミナー
スパムメール対策機能強化のためのエンジン移行について(2021/4/1)