組織のIT/セキュリティ機器の選択は最適かWho Are You Drafting for Your IT Dream Team?

組織のIT/セキュリティ機器の選択は最適か

高度なセキュリティ上の脅威から身を守るには、セキュリティ対策のオールスターメンバーともいえる、最も優れたセキュリティソリューションを組み合わせる必要があります。そして、組織を守るために相互作用し最高の機能を発揮するベストチームである必要があります。

組織において万全なIT環境の整備を実施したい場合、数々のセキュリティ上の脅威よりも迅速に、強力かつ狡猾に、企業ネットワークを強化するソリューションとサービスの「スターティングラインナップ」の準備が必要です。守備ラインナップに「穴」がある場合、未知のマルウェアによる回避的な攻撃などの最新の脅威に対し、組織のネットワークはセキュリティ上の脆弱性を孕むことになります。

情報漏えい防止(DLP)

機密データはネットワーク内に維持・確保しておく必要があります。情報漏えい防止(DLP)は、ルールセットライブラリを活用し、電子メール、Web、FTP経由で送信される機密データを保護します。

クラウドサンドボックス

今日、セキュリティ上のあらゆる脅威は進化を続けており、高度な攻撃を検知し、対応することは困難になってきています。クラウドサンドボックスは検知の最終ラインとして機能し、安全な環境で疑わしいファイルを徹底的に検査することで、従来のネットワークセキュリティ防御を回避するように設計されたマルウェアを特定することができます。

脅威のリアルタイム相関分析

組織に万全のセキュリティを維持するため、管理者は利用可能なすべての脅威情報に容易にアクセスできる必要があります。 WatchGuard Threat Detection and Response(TDR)で実現する脅威の相関分析ソリューションにより、ネットワークとエンドポイントで検知された脅威に関するイベント情報が提供され、脅威の優先順位付けを包括的に実施します。

ネットワークディスカバリ

セキュリティ面で少しの綻びも許さないため、組織のネットワーク上で何が起こっているかについて、完全に把握しておく必要があります。ネットワークディスカバリの利用で、ネットワーク上の全ノードの視覚的なマップを生成可能なため、ネットワークの状況を簡単に見通せる「目」を持つことができます。

脅威検知と自動レスポンス

最後の防衛ラインというものは確かに存在します。それは、エンドポイントデバイス上の脅威を検知することであり、かつ、手遅れになる前に是正することです。 ウォッチガードの脅威検知・自動レスポンス(Threat Detection and Response/TDR)により、複数の検知ソリューションを活用して、脅威を正確に把握し、被害が発生する前にエンドポイントから脅威を除去することができます。

最適なソリューションの最新情報を入手してベストな対策を

予算と人員リソース上の制約により、別のサービスの検討を迫られている方へ朗報です。ウォッチガードのソリューションでは1つのパッケージで包括的なセキュリティ対策を可能とします。WatchGuard Total Security Suiteを選択することで、1つのライセンスと1台のアプライアンスだけで、サンドボックスによる回避型マルウェア対策やエンドポイントのランサムウェア対策など、高度なセキュリティサービスのメリットを享受できます。

リソースキットをダウンロードして、高度な攻撃から組織を守るために必要な、適切なソリューションの選択について検討してください。

[更新] ソフトバンクをかたるフィッシング (2018/07/04)