ドロップインモードとはなんですか?  [Fireware XTM v11.4.x]

ドロップインモードでは、全てのインタフェース上でXTMデバイスは同じIPアドレスで設定されています。ドロップインモード設定は、ネットワークの論理的アドレスレンジをXTMデバイスのインタフェースに分散します。XTMデバイスをルータとLANの間に設置し、ローカルPCの設定を変更する必要がありません。この設定は、XTMデバイスをネットワークに「ドロップ」するだけでいいので、「ドロップイン」と呼ばれています。

ドロップインモードでは:
・同一のプライマリーIPアドレスが自動的にXTMデバイスの全てのインタフェース(エクスターナル、トラステッド、オプショナル)にアサインされる。
・どのインタフェースに対してもセカンダリネットワークをアサインできる。
・トラステッドおよびオプショナルネットワークのホストで同じIPアドレスとデフォルトゲートウェイを維持でき、XTMデバイスインタフェースにセカンダリネットワークアドレスを追加できるので、XTMデバイスはこれらのネットワーク上のホストへ正しいトラフィックを送ることができる。

XTMデバイスの後のパブリックサーバは、パブリックIPアドレスを続けて使うことができます。XTMデバイスは、外部からパブリックサーバへのトラフィックをルーティングするのに、ネットワークアドレストランスレーションを利用していません。

ドロップイン設定のプロパティは:
・XTMデバイスに静的IPアドレスがアサインされている
・全てのインタフェースに対して一つの論理ネットワークを利用している
・ドロップインモードは、ラウンドロビンまたはフェイルオーバーモードのマルチWANをサポートしていません

これらのオプションについては、複数の外部インターフェイスを使用するをご参照ください。

詳細情報およびドロップインモードでのXTMデバイスのシステム図は、About drop-in modeをご参照ください。

もしQuick Setup Wizardでドロップインモードを設定したい場合、WSM Quick Setup Wizard を実行しますをご参照ください。

ボットネット「Cyclops Blink」への対応について(2022/2/24)