TCP-UDP proxyの設定はどのようにすればいいのでしょうか? [WSM/Fireware XTM v11.x]

TCP-UDPプロキシは、標準外のポート上でこれらのプロトコルに含まれています:HTTP、HTTPS、SIP、FTP。これらのプロトコルで、TCP-UDPプロキシは、トラフィックをプロトコルで正しいプロキシにリレーする、またはトラフィックの許可・拒否を可能にします。他のプロトコルでは、トラフィックの許可・拒否を選択できます。さらに、このプロキシーポリシーを利用して、IM(instant messaging)やP2P(peer-to-peer)ネットワークトラフィックを許可・拒否することができます。

TCP-UDP proxy設定の詳細情報は次のウェブページをご参照ください:
・WatchGuard System ManagerヘルプのTCP-UDP プロキシ について
・Fireware XTM Web UIヘルプのTCP-UDP プロキシ について

ボットネット「Cyclops Blink」への対応について(2022/2/24)