2015/06/11

「UTM性能は他社の最大218%」、ウォッチガードが中小企業向け次世代FWを2機種発表

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは2015年6月10日、中小企業向けの次世代ファイアウォール/UTMの新製品「Firebox M200」と「Firebox M300」を発表した。

最大ファイアウォールスループットは、M200が3.2Gbps、M300が4.0Gbpps。また、すべてのセキュリティ機能をオンにしてのUTMスループットは、M200が515Mbps、M300が800Mbpsで、「他社の同等レベルの製品と比較して最大218%」と同社はアピールしている。

カテゴリー: ニュース
スパムメール対策機能強化のためのエンジン移行について(2021/4/1)