2015/07/23

ウォッチガード、無償のセキュリティ可視化ツール「Dimension」の機能強化

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは2015年7月23日、同社のUTM/次世代ファイアウォールのユーザー向けに無償提供しているネットワークセキュリティ可視化ツール「WatchGuard Dimension」の機能拡張を発表した。さらなる多様な可視化と管理機能の向上を実現しているという。

今回リリースされたWatchGuard Dimension 2.0の特徴はまず、操作性をさらに向上するため、ユーザーインターフェースを刷新したこと。これまで以上に迅速に問題の特定などが行えるようになっているという。

カテゴリー: ニュース
スパムメール対策機能強化のためのエンジン移行について(2021/4/1)