2015/07/23

ウォッチガード、WatchGuard Dimension 2.0をリリース

洗練されたインターフェイス、ロールベースでのアクセス制御、新たに追加された管理機能により、脅威の可視化と管理機能を大幅に向上

2015年7月23(木)-企業向け統合型セキュリティアプライアンスのグローバルリーダであるWatchGuard(R) Technologiesの日本法人である、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長執行役員 根岸正人、以下ウォッチガード)は、多くの導入実績を持つ同社のネットワークセキュリティ可視化ツール「WatchGuard Dimension(R)」の機能拡張を行い、さらなる多様な可視化と管理機能の向上を実現したことを発表しました。

カテゴリー: ニュース
スパムメール対策機能強化のためのエンジン移行について(2021/4/1)