2017/03/23

ウォッチガードが提供する脅威インテリジェンス、「ThreatSync」と連携し、ゲートウェイからエンドポイント、無線 LAN まで包括的なクラウド管理型マネージドサービスを提供開始

2017年3月23日(木)
株式会社コムネットシステム

〜 企業のセキュリティ対策をエンドポイントまで拡⼤し、セキュリティインシデントの⾃動化対応までアドバイス 〜

2017年3月23日(木)-セキュリティ運⽤のサービスカンパニー、株式会社コムネットシステム(本社:東京都⽬⿊区、代表取締役 酒井俊英、以下コムネットシステム)は、ウォッチガード社の認定 MSSPパートナーとして、ネットワークからエンドポイント、セキュアな無線 LAN まで包括的なセキュリティ運⽤サービスをクラウド管理型のマネージドサービスとして提供開始することを発表しました。

同サービスは、CMS(Cloud Managed Services)と⾔う新名称で、これまでご提供してきたウォッチガード社の Firebox シリーズ向けの MSX サービス(Managed Security eXtended)の上位サービスメニューとして位置付け、中規模事業者および分散エンタープライズ企業向けにゲートウェイからエンドポイント、無線 LAN まで、すべてクラウド上での管理を可能にした包括的なセキュリティ運⽤を代⾏するマネージドサービスになります。

今回、第⼀弾として、ウォッチガードの TDR(Threat Detection & Response)を活⽤し、ゲートウェイネットワークおよびエンドポイントのセンサーからイベント情報を収集することにより、クラウド上の脅威情報共有基盤で相関分析を⾏い、脅威情報をスコアリングします。セキュリティ脅威の重要度、優先付けされたスコアリングを基に適切なアドバイスを⾏い、各種セキュリティインシデントのレポート提供、さらにはデバイスの監視・運⽤管理、テクニカルサポートまでカバーし、企業のセキュリティ対策をエンドポイントまで拡⼤します。

このように、セキュリティ運⽤の管理者が不⾜している中規模事業者の運⽤代⾏を強⼒にサポートし、統合型セキュリティマネージドサービスとしてご提供を開始します。

新サービス CMS のイメージ図

新サービス CMS の主な特徴

CMS(Cloud Managed Services)は、従来の MSX サービスを⼤きくリニューアルし、ウォッチガード社の最新サービスである「TDR」および「ThreatSync」と弊社の Dimension Cloud を統合した⽇本初のクラウドマネージドサービスです。これによりゲートウェイからエンドポイントまでトータルで管理でき、最新のランサムウェア対策においても有効な⼿段となります。

新サービス CMS の料⾦について

WatchGuard Firebox シリーズのモデルに応じた1年契約の料⾦体系になります。
対応時間:平⽇ 9:00〜17:00
Firebox モデル別 CMS の年間価格: *すべて税別価格になります。
Firebox T30: 40,500 円〜
Firebox M200: 109,000 円〜
その他のモデルにおける CMS 価格はお問合せください。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社様からのエンドースメント

「ウォッチガードの認定 MSSP パートナー、コムネットシステム様が当社製品を活⽤した新サービス『CMS』の発表およびサービス開始を⼤いに歓迎いたします。コムネットシステム様は、これまで、MSX(ManagedSecurity eXtended)サービスと⾔う名称で、累計1万台以上の WatchGuard XTM/Firebox シリーズのセキュリティ運⽤代⾏をされてきた豊富な実績がございます。当社の新製品、TDR(Threat Detection andResponse)は、ランサムウェア対策の強化も実現しており、コムネットシステム様がご提供される包括的な運⽤マネージドサービスで早期に脅威を発⾒し、エンドポイントで発⽣するセキュリティインシデントの早期対応においても、新サービス CMS は、お客様にお役⽴ていただけると確信しております。」
(ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社 社⻑執⾏役員 根岸 正⼈)

【コムネットシステムについて】

「通信」「ネットワーク」「セキュリティ」「サーバ」「クラウド」等の ICT インフラ分野に特化したシステム構築、また保守サポート「CS Doctor」を提供しており、セキュリティに特化したマネージメントサービスを多数展開いたしております。

本⽂に記載されている商標は各社に帰属します。

【本プレスリリースに関するお問合せ】

株式会社コムネットシステム
〒153-0051
東京都⽬⿊区上⽬⿊ 2-9-1 中⽬⿊ GS 第 1 ビル 4 階
ネットワークセキュリティグループ
Tel: 03-5725-8555
wg_sales@comnetsystem.co.jp
https://www.comnetsystem.co.jp/solution/utm/cms

【WatchGuard Technologiesについて】

WatchGuard(R) Technologiesは、業界標準ハードウェア、ベストオブブリードセキュリティ、ポリシーベースの管理ツールを独自アーキテクチャにより統合したビジネスセキュリティソリューションを提供するグローバルリーダとして、全世界の企業にエンタープライズクラスのセキュリティソリューションを提供しています。本社を米国ワシントン州シアトルに置き、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地区、中南米に支社を展開しています。日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は、多くのパートナーを通じて、アプライアンス製品、ネットワークからエンドポイントまでの脅威検知とセキュリティの「可視化」及びセキュリティとネットワークの「運用管理」など拡大するニーズへのソリューションを提供しています。詳細は http://www.watchguard.co.jp をご覧下さい。

さらなる詳細情報、プロモーション活動、最新動向はTwitter(@WatchGuardJapan)facebook(@WatchGuard.jp)、をフォローして下さい。
また、最新の脅威に関するリアルタイム情報やその対策法はセキュリティセンターまでアクセスして下さい。

WatchGuardは、WatchGuard Technologies, Inc.の登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

最新の脅威に対応するための Gateway AntiVirus エンジンの提供について