2019/03/14

興安計装、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと協業し、 小規模オフィス向けセキュリティマネジメントサービスを提供

2019年3月14日(木)
興安計装株式会社

興安計装、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと協業し、
小規模オフィス向けセキュリティマネジメントサービスを提供
~自社ブランド『Owlook』の新メニューとして2019年4月中旬より開始~

企業向けシステムマネジメント/ネットワークセキュリティを手がける興安計装株式会社(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:田中 康晴)はウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:谷口 忠彦)と2019年3月13日にWatchGuardONEパートナープログラムの契約を締結いたしました。


これにより興安計装は、MSSP(マネージドセキュリティサービスプロバイダ)パートナーとして、ウォッチガード社のUTM(統合脅威管理)製品と、当社の24時間365日ネットワーク監視を行うオペレーションセンタを活用した小規模オフィス向けセキュリティマネジメントサービスを開始します。新サービスは自社ブランド『Owlook(アウルック)』の新メニューとして2019年4月中旬より開始予定です。詳細は後日発表いたします。

<背景>
近年、企業を標的にしたサイバー攻撃が複雑化・巧妙化し、エンドポイントでの防御だけでは企業の情報棗産を守ることが難しくなっています。しかし、中小企業や小規模事業者にとっては、導入・運用のコストや人的リソースの問題から十分なセキュリティ対策を講じることが難しいケースが見受けられます。
こうした課題に対し、中小規模事業者向けのUTM製品をラインナップするウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと、24時間365日監視・運用のノウハウと自社ブランド『Owlook』で小規模事業者を顧客に持つ興安計装が協業することで、小規模事業者に向けた新しいセキュリティマネジメントサービスを開発いたしました。

■エンドースメント(ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン 代表執行役員社長 谷口忠彦氏)
「企業規模を問わず発生するサイバー攻撃が増える中、中小企業においても容易に導入が可能な効果的なマネージドセキュリティサービスが求められています。興安計装様の監視・運用に関する豊富な実績により、4月に提供される新たなサービスが、より多くの企業に確実なセキュリティ対策と、きめ細やかな運用管理が提供されるものとなる事を期待しています。」

【ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社について】

WatchGuard(R)Technologiesは、ネットワークセキュリティ、セキュアWi-Fi、多要素認証、そしてネットワークインテリジェントを提供するグローバルリーダとして、全世界で約10,000社の販売パートナーとサービスプロバイダより80,000社以上の企業にエンタープライズクラスのセキュリティ製品とサービスを提供しています。ウォッチガードのミッションは、中堅・中小企業や分散型企業を含むすべての企業がエンタープライズレベルのセキュリティをシンプルに利用できるようにすることです。本社を米国ワシントン州シアトルに置き、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地区中南米に支社を展開しています。日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は、数多くのパートナーを通じて、国内で拡大する多様なセキュリティニーズヘのソリューションを提供しています。
https://www.watchguard.co.jp

【興安計装株式会社について】

クラウド事業者・IDC事業者・ISP事業者向けのシステムを24時間365日の有人体制で監視するシステムマネジメントサービス、セキュリティマネジメントサービス、ヘルプデスクサービスを東京・大阪の2拠点で提供しています。モットーである「ミスのない完璧なオペレーションの追求」で多くのお客様から信頼をいただいております。
https://www.koan.co.jp

【『Owlook』について】

『Owlook(アウルック)』は、興安計装株式会社が手がける企業向けシステムマネジメント、およびネットワークセキュリティマネジメントのサービスブランドです。
https://www.owlook.jp
※『Owlook』は、興安計装株式会社の登録商標です。

【本件に関するお問い合せ】

興安計装株式会社 ICT技術サービス部門
 担当: Owlook営業部 芝田
 Email: contact-nw@koan.co.jp
 UR : https://www.owlook.jp

カテゴリー: プレスリリース
Amazonやゆうちょ銀行をかたるフィッシングにご注意ください (2019/3/4)