多要素認証(MFA)

AuthPointにより攻撃者のネットワーク侵入を防御

ウォッチガードの多要素認証(MFA)ソリューションは、資格情報の紛失や盗難に起因するネットワークの遮断や情報漏えいのリスクを削減するだけでなく、クラウド型ソリューションとして、容易なセットアップと運用管理を実現します。AuthPointは、従来からの2要素認証(2FA)を超えた革新的な認証手法を提供し、ネットワーク、VPN、およびクラウドアプリケーションへのアクセスを確実に保護することが可能です。また、AuthPointモバイルアプリはリテラシーの十分でないユーザでも、容易に活用できます。

WatchGuard AuthPointは、企業がサイバー攻撃をから防御するための適切なMFAソリューションです。

モバイルデバイスDNAによる効果的な多要素認証

AuthPointは、ユーザの身元を証明する認証要素としてプッシュメッセージ、QRコード、またはワンタイムパスワード(OTP)を使用します。 システムとアプリケーションへのアクセスを許可する際には、モバイルデバイスDNAが許可されたユーザのモバイルフォンと一致する必要があります。したがって、攻撃者が保護されたシステムに侵入するために、正規ユーザのデバイスをクローン化してもデバイスDNAが異なるため、認証はブロックされます。

容易に利用できるAuthPoint モバイルアプリ

WatchGuard AuthPointアプリでは、ユーザは自分のスマートフォンを使用して認証を受けることができます。 キーフォブやサムドライブを持ち運ぶ必要はありません。代わりにAuthPointアプリをインストールしてすぐにスマートフォンから認証することが可能です。これにより、迅速なプッシュベースの認証やスマートフォンのカメラによるオフラインでのQRコード認証も可能にします。

詳しくみる

強力なエコシステム

WatchGuardのエコシステムには、AuthPointとインテグレーション可能な数多くのサードパーティが含まれています。企業は、機密性の高いクラウドアプリケーションやVPN、およびネットワークアクセスのために、認証を要求することができます。AuthPointはSAML標準をサポートしており、ユーザが一度認証され、ログインすれば、様々なアプリケーションやサービスに追加の認証なしでアクセスできます。

WatchGuard Cloud プラットフォームによる管理

WatchGuard Cloudプラットフォームを活用することで、どこからでも管理ツールにアクセスが可能となり、IT管理者やセキュリティ専任技術者のいない企業においても、容易にMFAの導入と管理を行う事が可能です。ソフトウェアのインストールやアップグレード、パッチの管理を行う必要はありません。さらに、プラットフォームはグローバルアカウントビューや多くの独立アカウントを容易に管理することができます。

詳しくみる

「AuthPointは、従業員やIT管理者の利便性を損なうことなく、弱いパスワードによるビジネスリスクを削減し、多要素認証(MFA)の目的を実現します。 クラウドサービスとして提供されるため、ハードウェアやソフトウェアを維持する必要はありません。MFAは現在コアなセキュリティ保護ソリューションと考えられています。」

eSecurity SolutionsのCEO、Tom Ruffolo

11/6(火) WatchGuard Solutions Days OSAKA 開催! ~最新IntelligentAVから多要素認証、無線 LANセキュリティまで~