ゲートウェイアンチウイルス (Gateway AntiVirus)Gateway AntiVirus

ゲートウェイでマルウェア攻撃をブロック

毎日のように新たな脅威が発生し、急増する中で、ネットワークをマルウェアから保護することは、かつてないほど困難になっています。WatchGuard Gateway AntiVirus を利用すると、ネットワークとデバイスをマルウェアから保護できます。ネットワークゲートウェイでの先進の多層防御によるセキュリティ機能により、マルウェアを特定しブロックします。WatchGuard Gateway AnitVirusは、あらゆる主要なプロトコルのトラフィックに対してハイパフォーマンスなスキャンを実行し、既知のウイルス、トロイの木馬、ワーム、スパイウェア、およびローグウェアからリアルタイムにネットワークを保護します。

WatchGuard Gateway AntiVirus は、既知のマルウェアとセキュリティリスクを特定するためにFirebox を通過するファイルとトラフィックをスキャンします。
シグネチャと一致して脅威が特定されると、接続がブロックされるか、ファイルが削除されます。

主な機能

  • すべての主要なプロトコルをスキャンしてマルウェアをブロック
  • シグネチャベースと振る舞い検知のスキャンによる検知
  • シグネチャを継続的に更新し、最新の脅威に対応
  • クラス最高のBitdefenderスキャンエンジンの提供
  • 機械学習モデルによって強化された検知エンジン
  • 業界をリードするネットワークパフォーマンスを実現

ネットワークの保護

WatchGuard Gateway AntiVirus は、ネットワーク配下のすべてのユーザを保護します。Firebox のアプリケーションレイヤのコンテンツインスペクションと連携し、既知のマルウェアから企業を保護します。WatchGuard Gateway AntiVirus は、HTTP 、HTTPS 、FTP 、CTP 、UDP 、SMTP、およびPOP3 など、主要なプロトコルのトラフィックをスキャンします。電子メールトラフィックはゲートウェイでスキャンされ、マルウェアがサーバに到達する前にブロックされます。悪質なコードのダウンロードと実行を防ぎ、安全なWeb閲覧を可能にします。

効果的なスキャン

WatchGuard Gateway AntiVirus は、Bitdefenderのスキャンエンジンを活用しており、シグネチャベースでの検知と、シグネチャでは捕捉できないポリモーフィック型ウイルスや悪意のあるコードを捕捉するためのコードエミュレーションによる動的ヒューリスティック解析の両方を使用しています。圧縮および暗号化されているデータについても、複合化されて完全に分析されます。Gateway AntiVirus は、さまざまな圧縮方式に広範に対応できます。シグネチャは継続的に更新され、新しい脅威からのタイムリーな保護を実現します。

柔軟な管理コンソール

直感的で柔軟な操作が可能な管理コンソールで、スキャンするファイルの種類を選択でき、タイプ、ユーザ、およびプロトコルに基づいて電子メールを許可、削除、ブロック、隔離など、マルウェアが検出された場合の動作を選択できます。また、パスワード保護されたファイルを含め、ファイルのスキャンを実行できない場合の動作も選択できます。

リアルタイムの可視化とレポート作成

WatchGuard Gateway AnitVirus はWatchGuard Dimension とシームレスに統合され、ブロックしたマルウェア、マルウェア名、タイプ、攻撃回数、攻撃の送信元と送信先を完全に把握できます。また、スキャンされたファイルの総数と一定期間に検出されたウイルス数をダッシュボードとチャートで判りやすく簡単に確認することができます。

機械学習モデルにより強化された検知エンジン

WatchGuard Gateway AntiVirusは、機械学習モデルを活用して、既知、そして未知の回避型マルウェアの検知を支援します。複数の機械学習アルゴリズムが並行して動作することで、精度の向上と誤検知の減少に役立ちます。

メルカリをかたるフィッシングにご注意ください (2019/04/03)