2019/04/30

WatchGuardONE パートナープログラムに新たな専門分野とインセンティブを追加

2019 年 4 月 30 日 編集部記事

ウォッチガードは本日、受賞歴を誇るパートナープログラム、WatchGuardONE のさらなる強化を発表しました。今回の改訂により、特定の分野を専門とする IT ソリューションプロバイダが WatchGuardONE のステータスをこれまで以上に容易に獲得できるようになりました。WatchGuardONE の新しいプログラム体系では、ネットワークセキュリティ、セキュア Wi-Fi、および MFA(多要素認証)を専門分野として設けることで、複数のパスからパートナープログラムに参加していただけるようになりました。今回の改訂は、パートナーの皆様の視点に立って開発された、ウォッチガード独自のパートナープログラムへの参加条件が緩和され、ROI が最大化されるため、ウォッチガードとのビジネスがこれまで以上に容易になります。

WatchGuardONE のステータスによって、インセンティブはもちろん、販売、マーケティング、テクニカルサポートなどのウォッチガードのリソースをパートナーの皆様にご利用いただくことができ、多くのベンダが提示しているような、売上や取扱製品に関する厳しい条件が課せられることはありません。製品カテゴリを 1 つ選択して専門分野の認定を取得していただくだけで、IT ソリューションプロバイダも WatchGuardONE のステータスを獲得でき、複数の製品ラインへと専門分野を拡大することで上位のステータスへと進み、さらに多くのメリットを獲得できます。

専門分野ごとに、主として無料のセールス/テクニカルトレーニングで構成される、前提知識に基づく条件が設けられています。WatchGuardONE パートナープログラムの具体的な改訂内容と専門分野の要件の詳細については、こちらをご覧ください。

新たに専門分野の追加はウォッチガードのパートナーの皆様にも歓迎されており、WatchGuardONE プログラムの改訂に関する CRN の独占記事で、Verteks Consulting の社長である Don Gulling 氏は、次のようにコメントしています。

「セキュア Wi-Fi と多要素認証が専門分野として追加されたことで、Verteks Consulting は、ネットワークセキュリティを販売する他のソリューションプロバイダとの差別化が可能になりました。」

改訂された WatchGuardONE プログラムの詳細については、CRN のこちらのニュースをご覧いただくか、新しくなったパートナープログラムページを参照してください。

パートナーの皆様には、ネットワークセキュリティ、セキュア Wi-Fi、および MFA のいずれの専門分野であっても、無料のトレーニングに今すぐアクセスし、WatchGuardONE に参加していただくことができます。本プログラムの詳細と参加のプロセスについては、www.watchguard.com/join を参照してください。

※文中のリンクはすべてUSの英語ページです

最新の脅威に対応するための Gateway AntiVirus エンジンの提供について