2019/03/05

優れた Wi-Fi セキュリティを小型かつ手頃な価格で提供する新製品

2019 年 3 月 5 日 Milena Babayev-Gurvits 著

ウォッチガードの新製品、AP125 モデルは、Wi-Fi の提供のみを追求する他のエンタープライズグレード MU-MIMO(マルチユーザ MIMO)アクセスポイント(AP)とは異なり、パスワード、クレジットカード、その他の貴重なデータがハッカーに盗まれるのを防ぎます。Wi-Fi 接続を利用するデバイスの数が増え続けていますが、このトレンドがすぐには終息しないものと予想され、顧客や従業員は高速 Wi-Fi アクセスを求めている中で、セキュリティに大きなギャップが存在することが見落とされてしまっているようです。

ウォッチガードの AP125 が提供する Wi-Fi は、Trusted Wireless Environment フレームワークを使用して構築されています。AP125 の導入によって、包括的なセキュリティによる 6 つの既知の Wi-Fi 脅威カテゴリの自動的な検知と防止が可能になるだけでなく、Wi-Fi ネットワークの市場をリードするパフォーマンスとスケーラブルな管理が実現します。

さらには、ウォッチガードのセキュア Wi-Fi 製品は他のほとんどの Wi-Fi ソリューションと互換性があるため、ネットワーク(Meraki、Ubiquiti、Ruckus など)を全面的に再構築したり既存の AP を入れ替えたりすることなく、WIPS オーバーレイを展開できます。AP125 を専用の WIPS センサーとして管理する方法の詳細については、こちらを参照してください。

HILOTEC AG の IT 部門責任者である Jean-Pierre Schwickerath 氏は、次のように述べています。

「Wi-Fi を求めるお客様は、現時点で最高のテクノロジを採用することで、長期にわたって使い続けることのできるインフラストラクチャに投資したいと考えています。2×2 の Wave 2 対応 AP125 は、SMB のお客様の要件に最適な、省スペースかつ最高の経済性を誇るソリューションであるだけでなく、ウォッチガードの Wi-Fi Cloud でネットワーク全体の簡単にインストール、構成、管理できるという大きなメリットもあることがわかりました。この強力で小型でありながら強力な AP であれば、WIPS によって保護された高品質 Wi-Fi ネットワークを確実にお客様に提供することができます。」

AP125 の管理には、Firebox、ゲートウェイワイヤレスコントローラ、またはウォッチガードの Wi-Fi Cloud のいずれかを利用できます。Wi-Fi Cloud での管理では、セットアップ、管理、レポートの以下の強力な機能を利用できます。

  • 特許取得済み WIPS(無線不正侵入防止システム)による 6 つの既知の Wi-Fi 脅威カテゴリからの保護
  • インテリジェントネットワークの可視化とトラブルシューティング
  • ゲストポータルの利用
  • ロケーションベースの強力な分析機能
  • スケーラブルな管理

Trusted Wireless Environment を Wi-Fi セキュリティのグローバルな標準として推進する取り組みにご参加いただくには、ここをクリックしてください。
ウォッチガードのクラウド管理型セキュア Wi-Fi の詳細は、こちら を参照してください。

最新の脅威に対応するための Gateway AntiVirus エンジンの提供について