2018/08/10

高速、安全、経済的な Wi-Fi 環境の実現

2018 年 8 月 10 日 編集部記事

ウォッチガードの新製品、AP325 は、Wi-Fi の提供のみを追求する他のエンタープライズグレード MU-MIMO(マルチユーザ MIMO)アクセスポイント(AP)とは異なり、面倒な設定なく、ハッカーによる MitM(中間者攻撃)攻撃でパスワードやクレジットカードなどのデータが盗まれるのを防ぎます。ウォッチガードの AP325 が使用される Wi-Fi 環境は、2.4GHz と 5GHz の両方に対応する特許取得済み WIPS(Wireless Intrusion Prevention System)テクノロジによって保護されます。ウォッチガードの特許取得済み WIPS テクノロジの詳細は、こちらをご覧ください。

高密度環境に前提に設計され、2×2 802.11ac Wave 2 MU-MIMO を搭載する AP325 は、複数デバイスのデータストリーミングとネットワークの有効利用を可能にします。

Wrest Park Ltd. の IT 責任者である Bob Sampson 氏は、次のように述べています。

「この新製品の AP325 は、高速かつ安全な Wi-Fi アクセスという、当社のネットワークに対するニーズに最適です。AP325 の無線接続は非常に安定しており、クラウドベースで簡単に管理できるため、面倒な作業を行うことなく WIPS セキュリティ保護を追加することができました。」

この新しい AP の管理には、Firebox、軽量の機能セットのゲートウェイワイヤレスコントローラ、またはウォッチガードの Wi-Fi Cloud のいずれかを利用できます。Wi-Fi Cloud での管理では、セットアップ、管理、レポートの次のような強力な機能も利用できます。

  • 先進の特許取得済み Marker Packet™ テクノロジによる WIPS セキュリティ
  • ロケーションベースの強力な分析機能
  • ゲストエンゲージメント/キャプティブポータルツール
  • コントローラインフラストラクチャなしで 1 台から無制限のアクセスポイントまで拡張可能

AP325 は、最適なバランスのパフォーマンス、セキュリティ、コストを実現するよう設計されており、学校、中小規模企業、分散型オフィス、店舗、レストラン、医療関連のオフィスに最適です。ビジネスに合わせて AP を選定する際は、最新のモバイル環境にも対応できる Wi-Fi を実現するため、3 つの重要な要素、すなわち、パフォーマンス、セキュリティ、コストを十分に調査・検討することをお勧めします。あらゆる要素が接続される環境においては、すべてのデバイスを確実に保護しなければなりません。シームレスに動作する Wi-Fi 環境を、予算を圧迫することなく実現することで、Wi-Fi トラフィックの傍受や不正操作から企むさまざまなタイプの敵対者からビジネスを保護する必要があります。

詳細情報:
https://www.watchguard.co.jp/products/wireless-security-hardware/access-points/ap325

Amazon をかたるフィッシングにご注意ください (2018/12/13)