2019/12/03

インダストリー 4.0 の保護:4 つの弱点とその対策

工場 産業 発電所

2019 年 12 月 3 日 編集部記事

企業ネットワークはますます複雑になり、信頼できるセキュリティを隅々まで導入することは、製造業部門の IT チームにとって負荷の高い作業となっています。悪意を持つハッカーは常にやり方を変え、より巧妙化し、最高のセキュリティテクノロジーであっても回避して侵入しています。IBM の最近の調査によると、被害者のシステムを使用不能にすることができるほどの破壊的なサイバー攻撃の数は、2018 年後半と比べて 2019 年の前半では 2 倍になっており、影響を受けた組織の 50% が製造部門でした。

ウォッチガードのシニアセキュリティアナリスト Marc Laliberte は、『Manufacturing AUTOMATION』へのコラムでこれらの脅威について指摘しており、ハッカーが狙う産業分野の 4 つの弱点と、それを保護するために IT プロフェッショナルができることを述べています。一部を抜粋して以下にご紹介します。

リスクを抱える知的財産

知的財産(IP)の窃盗は、製造業にとって、今でも大きな脅威です。生産と製造の過程に関する文書は、製造業の企業にとって計り知れない価値のあるデータです。貴重な IP をライバル企業やハッカーの手に渡らせてしまうことは、深刻な経営ダメージや評判の悪化を招きかねません。最悪の事態を防ぎ、顧客を失わないためには、製造業に関わる組織は、IP のセキュリティを最優先にする必要があります。

製造業に関わる組織の IT チームにとっては、多要素認証ソリューションを導入することは、重要なデータへのアクセスを守るために、欠かすことのできないステップです。

『Manufacturing AUTOMATION』の全文またはデジタル版 2019 年 11/12 月号(いずれも英文)では Marc が指摘する製造業のセキュリティにおける 4 つの弱点とその保護について詳述されていますので、ぜひお読みください。

最新の脅威に対応するための Gateway AntiVirus エンジンの提供について