2015/07/21

セキュリティ対策に終わりなし、標的型攻撃の検知に必要な4つの機能とは?

最新のマルウェアは高度な技術を使用しており被害も甚大だ。米国では売り上げが50%近く下落した大手小売業者の例もある。これに対抗するにはどうすればよいのか? さらに進歩したアプローチが必要である。最新の標的型攻撃に対抗する方法について見ていこう。

企業のウイルス対策ではさまざまな対策が採られてきたが、決定打はまだない。最新のマルウェアではネットワークの防御をすり抜けるため、暗号化された通信チャネル、カーネルレベルのルートキット、巧妙な回路回避など、攻撃者は高度な技術を使用している。また、ゼロデイの脆弱性も活用するなど、複合的なテクニックが使用されている。

カテゴリー: ニュース
スパムメール対策機能強化のためのエンジン移行について(2021/4/1)