2018/12/18

【マイナビニュース特別連載③】「WatchGuard Solutions Days TOKYO」レポートVol.003 パスワードだけの危険な状態に”多要素認証”の導入で情報漏えいを防ぐ!

UTM(統合脅威管理)/NGFW(次世代ファイアウォール)といったセキュリティアプライアンス製品をメインに、数多くの企業向けセキュリティソリューションを提供するウォッチガードが、10月17日、東京都内で最新セキュリティセミナー「WatchGuard Solutions Days TOKYO」を開催。高度化したサイバー攻撃から企業を守るために必要な知識や技術、最新セキュリティソリューションの詳細を、セキュリティの最前線で活躍している登壇者たちが解説。

3回目は、ウォッチガードが提供するクラウドベースの多要素認証サービス「WatchGuard AuthPoint」のセッションの内容をお届けしたい。

● マイナビニュースの記事へ

● 記事リーフレット(PDF)

三井住友銀行をかたるフィッシングにご注意ください (2019/01/17)