2017/09/21

ウォッチガード、無線LAN環境で最高レベルのパフォーマンスとセキュリティを実現する新Wi-Fiアクセスポイントを発表

2017年9月21日(木)
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社

ウォッチガード、無線LAN環境で最高レベルのパフォーマンスとセキュリティを実現する新Wi-Fiアクセスポイントを発表

Wave 2 アクセスポイントにより、業界屈指の無線LAN速度と同時接続デバイス数の増強、
WIPS専用無線帯域、および周波数最適化機能を提供

2017年9月21日(木)-企業向け統合型セキュリティプラットフォームのグローバルリーダであるWatchGuard(R)Technologiesの日本法人、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長執行役員 根岸正人、以下ウォッチガード)は、802.11ac Wave 2の新アクセスポイント「AP420」のリリースを発表しました。AP420は、Wi-Fi上のVoIP、動画、音楽、および大容量データファイル転送など、ネットワークに負荷がかかり、トラフィック遅延の影響を受けやすいアプリケーションを高速に処理する優れた性能を備えています。また、高いクライアント密度をサポートする4×4マルチユーザMIMO(MU-MIMO)デュアル無線によりWi-Fi接続の遅延を排除し、ワイヤレス不正侵入防止システム(WIPS:Wireless Intrusion Prevention System)対応の専用無線帯域、並びに周波数最適化スキャン機能も搭載しています。

ウォッチガードのプロダクトマネジメント担当ディレクタであるライアン・オルシ(Ryan Orsi)は、次のように説明しています。「今回の新アクセスポイントにより、ユーザーエクスペリエンスが改善され、セキュリティ機能によるアプリケーションパフォーマンスの低下を排除することができます。また、展示会場、劇場、大規模な会議室、あるいはショッピングモールなど、多くの人々が多様なデバイスを同時にネットワークにアクセスする電波密度の高い環境に適しています。また、アクセスポイントをウォッチガードのセキュアかつスケーラブルで多彩の機能を備えたクラウド型Wi-Fi管理プラットフォーム「WatchGuard Wi-Fi Cloud」で管理することにより、強力なWIPS、きめ細かいゲスト分析および電波領域分析、そして貴重なマーケティングエンゲージメントツールの利用が可能になります。」

また、Bromley.netのマネージングディレクタであるスチュアート・ロボサム(Stuart Rowbotham)氏は、以下のようにコメントしています。「ハイパフォーマンスの無線LANにアクセスできるということは、より速く、より信頼性の高い接続が実現するということです。しかしながら、私たちにとってはそれ以上の意味があります。私たちはセキュアなアクセスを提供するとともに、そこからインテリジェントな情報を取得することで、業務オペレーションや提供サービスの向上を図ることができるのです。今回新たにリリースされたAP420とWi-Fi Cloudの組合せにより、これらがすべて可能となり、パフォーマンスとセキュリティを同時に高める、実装と管理がシンプルなソリューションが実現します。 信頼性の高い高速無線LANはセキュリティとともに、ゲストに対して優れたエクスペリエンスを提供するため、我々の企業ブランドに良い効果をもたらします。」

WatchGuard Wi-Fi Cloudは、容易な実装と管理を念頭に置いて構築されています。非常に複雑なWi-Fi管理をシンプルなものにし、あらゆる業種・規模の組織に対して高速、安全そしてインテリジェントなWi-Fiアクセスを提供します。WatchGuard Wi-Fi Cloudの最新リリースでは、ウォッチガードのアクセスポイントに接続するユーザのWi-Fiエクスペリエンスを高める新機能により、さらにパフォーマンスを向上させており、アプリケーションの可視化、ファイアウォールポリシーの制御、事前設定のユーザロールポリシーといった各機能が追加され、また、Google for Educationとの連携により、学校のGoogleドメインに登録されたデバイスのみ学校のWi-Fiネットワークへの接続を許可し、設定されたネットワークポリシーを実行します。

ウォッチガードの新アクセスポイントAP420に関する詳細は、以下をご覧下さい。
http://www.watchguard.co.jp/products/wireless-security-hardware/access-points/ap420

WatchGuard Wi-Fi Cloudに関する詳細は、以下をご覧下さい。
http://www.watchguard.co.jp/products/management-and-visibility/cloud-managed

【WatchGuard Technologiesについて】

WatchGuard(R) Technologiesは、業界標準ハードウェア、ベストオブブリードセキュリティ、ポリシーベースの管理ツールを独自アーキテクチャにより統合したビジネスセキュリティソリューションを提供するグローバルリーダとして、全世界の企業にエンタープライズクラスのセキュリティソリューションを提供しています。本社を米国ワシントン州シアトルに置き、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地区、中南米に支社を展開しています。日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は、多くのパートナーを通じて、アプライアンス製品、ネットワークからエンドポイントまでの脅威検知とセキュリティの「可視化」及びセキュリティとネットワークの「運用管理」など拡大するニーズへのソリューションを提供しています。詳細は http://www.watchguard.co.jp をご覧下さい。

さらなる詳細情報、プロモーション活動、最新動向はTwitter(@WatchGuardJapan)facebook(@WatchGuard.jp)、をフォローして下さい。また、最新の脅威に関するリアルタイム情報やその対策法はセキュリティセンターまでアクセスして下さい。
セキュリティセンター:https://www.watchguard.co.jp/security-center

WatchGuardは、WatchGuard Technologies, Inc.の登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

WPAとWPA2の脆弱性に関する情報と当社製品への影響について(2017/10/18)