2015/06/10

標的型攻撃対策も実装できる中小企業向け統合アプライアンス(ウォッチガード)

WatchGuard Firebox M200 / M300(前面)

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は6月10日、中小企業向けに最適化されたファイアウォールの新シリーズを発表した。新シリーズの「Firebox M200」および「Firebox M300」は、エンタープライズクラスの性能を持つ次世代ファイアウォール(NGFW)・統合脅威管理(UTM)の新アプライアンス。すべてのセキュリティ機能を有効にした場合、他社の同等レベルの製品と比較して最大218%の高速スループット、HTTPSによる暗号化トラフィックの検査では最大385%のスループットを実現する。

  • WatchGuard Firebox M200 / M300(前面)

    WatchGuard Firebox M200 / M300(前面)

  • WatchGuard Firebox M200 / M300(背面)

    WatchGuard Firebox M200 / M300(背面)

両製品は、他のウォッチガード製品と同様に独自OSである「Fireware」を基盤としており、最新世代のfreescaleのマルチコアプロセッサを採用、パフォーマンスのボトルネックを発生させることなく、UTMやNGFWの各セキュリティ機能をすべて同時に利用できる性能を持つ。また、専任スタッフが少ない中小企業でも、容易に導入できるRapidDeployサポートも提供される。

《吉澤 亨史》

関連リンク

スパムメール対策機能強化のためのエンジン移行について(2021/4/1)