2018/08/30

セキュリティチャネルパートナーを対象とする調査で得られた 5 つの洞察

Hint ヒント ひらめき ヒラメキ Tips
2018 年 8 月 30 日 編集部記事

脅威環境がかつてない速さで変化しています。新たな攻撃方法が登場し、時には古い手法も復活する中で、セキュリティ業界は、サイバー攻撃の終わりのない追いかけごっこで常に先行するための努力を続けています。このような常に変化する環境によって、VAR(付加価値再販業者)や MSP(マネージドサービスプロバイダ)は、最新の脅威も考慮したセキュリティ製品やサービスを提供するよう迫られています。セキュリティチャネルパートナーの実状を把握するため、ウォッチガードは、世界中の MSP や VAR であるパートナーが 2018 年の残り数ヶ月間に最も重要であると考えるセキュリティの脅威、トレンド、検討事項についての調査を実施しました。

世界中の MSP や VAR から得られたセキュリティに関する 5 つの洞察を以下にご紹介します。

  1. ランサムウェアは、チャネルの顧客にとって最も差し迫った脅威である
    ウォッチガードのチャネルパートナーの 62% 以上が、ランサムウェアは自社の顧客にとって 2018 年の最大の関心事であると考えています。フィッシングとスピアフィッシングがそれに続き、その割合は 22% でした。ウォッチガードでは最近、ランサムウェアの一部の市場シェアをクリプトマイナーが奪いつつあることを確認していますが、チャネルパートナーが引き続きランサムウェア対策に重点的に取り組んでいることは明白です。ウォッチガードのTDR(Threat Detection and Response)サービスでデバイスが感染する前にランサムウェアをどのようにブロックする方法については、こちらをクリックしてご確認ください。
  2. VAR や MSP にとって、顧客の教育は終わりのないミッションである
    VAR や MSP の半数近く(46%)が、自社の最大の課題は新たなセキュリティの脅威と防御のベストプラクティスの最新情報を顧客に周知することだと回答しました。新たな脅威や攻撃手法が次々と登場するため、トレーニングや教育がセキュリティの強化において果たす役割がますます大きくなりました。ウォッチガードがチャネルパートナーに提供している各種教育資料については、こちらを参照してください。
  3. 監視とレポートは自動化と同程度に重要である
    ウォッチガードのパートナーの 3 分の 2 以上(36%)が、監視/レポートツールは自社の収益に最も大きく影響すると回答しました。同時に、自動化された TDR(Threat Detection and Response)ツールが収益に最も大きく影響するとの回答も 39% に上りました。このことから、顧客を保護する中核のセキュリティ機能と同様、これらの管理機能からもビジネスのメリットが得られるとソリューションプロバイダが考えていることがわかります。ウッチガードが提供するレポート/可視化ソリューションである WatchGuard Dimension については、こちらを参照してください。
  4. マネージド Wi-Fi サービスや MDR ソリューションに注目が集まりつつある
    半数強のチャネルパートナーが現在、MDR(Managed Detection and Response)ソリューションとマネージドセキュア Wi-Fi の両方を顧客に提供しています。35% 近くが MDR を来年末までにサービスポートフォリオに追加する計画があり、31% が来年末までにマネージド Wi-Fi サービスを追加することを計画しています。セキュリティに不備のある Wi-Fi ネットワークを攻撃し、高度な難読化技術を使って従来型のネットワーク対策による検知を回避するサイバー犯罪者が増えていることから、これらのセキュリティソリューションを採用するチャネルパートナーが今後もさらに増加するものと考えられます。ウォッチガードのセキュア Wi-Fi 製品と自動化された TDR(Threat Detection and Response)ソリューションがこれらの分野のソリューションプロバイダにとってどのように役立つかをご確認ください。
  5. MSP や VAR はクラウド管理の多くの利点を大いに評価している
    自社のビジネスにとっての集中クラウド管理の最大のメリットとして、「複数サイトの顧客にとってのスケーラビリティ」、「導入やオンボーディングのコスト削減」、「インフラストラクチャコストの解消」という選択肢を用意したところ、58% が「上記すべて」と回答しました。また、「簡単に拡張して複数サイトの顧客に迅速にサービスを提供できることも大きなメリットである」という回答が 2 番目に多く、23.9% であったことも、注目に値します。これらの回答に基づいて総合的に判断すると、チャネルパートナーは、クラウド対応の管理インタフェースが自社のビジネスの成長だけでなく、マネージドセキュリティサービス市場全体にとっても重要な要素であると考えているようです。

以上の調査結果は、主として北米・中南米と欧州・中東・アフリカの 400 以上のウォッチガードのチャネルパートナーからの回答に基づくものです。調査データの詳しい解説については、ウォッチガードの製品管理担当ダイレクター、Himanshu Verma が ChannelPro Network に寄稿したこちらのコラム(英文)をお読みください。また、WatchGuardONE チャネルパートナープログラムの詳細については、こちらをクリックしてください。

LINE をかたるフィッシング (2018/08/24)