2019/01/09

Coinbase が 110 万ドル規模の攻撃が発生した Ethereum Classic の取引を停止

coin, bitcoin
2019 年 1 月 9 日 編集部記事

暗号通貨取引ポータルの Coinbase が 1 月 7 日、Ethereum Classic(ETC)で検知されたディープチェーン再編成に関するセキュリティ警告を発表しました。ETC ブロックチェーンに対する 51% 攻撃が 1 月 8 日まで続き、Coinbase は同社のプラットフォームでの ETC の取引を停止し、ETC ブロックチェーンネットワークでネットワークの状態が不安定となったことから、すべての送受信を一時的に無効にする措置が実施されました。ZDNet はこの件について、次のように報道しています。

「同様の暗号通貨取引プラットフォームである Bitfly も、Coinbase の報告が事実であると確認しました。Ethereum Classic チームは、自らのネットワークへの攻撃を最初に発見できなかったことで、直ちに批判にさらされることになりました。Coinbase も批判されましたが、それは、ダブルスペック攻撃が最初に発生した土曜日にその事実を明らかにしなかったために、結果として、ETC ユーザが 3 日間にわたって危険にさらされることになったためです。Coinbase はさらに、当初の報告に 12 回の二重使用の攻撃の詳細を追加した報告を新たに発表し、それによって、盗まれた資金の合計が 219,500 ETC(110 万ドル弱)であることがわかりました。」

攻撃者は一連の攻撃によって、ETC ブロックチェーンの計算能力の大半を使用し、正規の取引より不正取引が優先的に処理されるようにすることに成功しました。わかりやすく言えば、約 110 万ドル相当の ETC が 2 回使用され、2 倍の金額の取引によって、犯罪者のアカウントに資金が不正移動されたということです。

この攻撃の詳細と業界からの反応については、ZDNet のこの記事を参照してください。暗号化と Ethereum セキュリティの詳細については、Secplicity のこちらの記事を参照してください。

メルカリをかたるフィッシングにご注意ください (2019/04/03)