2017/12/18

2018 年のセキュリティ予測 – サイバー保険によってランサムウェア攻撃が増加する

2017 年 12 月 18 日 編集部記事

ハッカーたちは、SDR で一定の成果を上げられたらしく、今度は、ハッキングで金銭を手に入れようと画策しているようです。ランサムウェアを使い、サイバー保険に加入している会社を標的にする計画です。

スパムメッセージの成功率は 1 パーセント未満ですが、多くの調査結果で、ランサムウェアの被害に遭ったユーザの 3 分 1 以上が金銭を支払っていることが分かっています。サイバー保険に加入する SMB が急増していることから、保険会社を(顧客リストにアクセスする目的で)攻撃するだけでなく、その保険会社の保険に加入している企業も攻撃しようと考えているようです。

しかしながら、厳格なネットワークセキュリティガイドラインの順守を加入条件として課す保険会社が増えている中で、果たしてこのようなサイバー攻撃は成功するのでしょうか。

詳細は、ビデオをご覧ください。

2018 年セキュリティ予測の全文は、www.watchguard.co.jp/resource-center/2018-predictions を参照してください。
ボットネット「Cyclops Blink」への対応について(2022/2/24)