2019/08/13

DEFCON 2019 の 1 日目を振り返る – セキュリティバイト

2019 年 8 月 13 日 Corey Nachreiner 著

今年も、Black Hat カンファレンスが終わるとすぐに、DEFCON が始まりました。これら 2 つのセキュリティカンファレンスを比べると、DEFCON は堅苦しさがなく、ビジネスの色合いが少なく、どちらかと言えば、若いハッカーがたくさん集まる傾向があり、研究者も寛いだ雰囲気で、時にはたくさんのエクスプロイトコードや概念実証を発表したりします。また、DEFCON ではさまざまなハッキング競争や CTF(Capture The Flag)、さらには、鍵のピッキングから車のハッキングまでの新しいスキルをエキスパートが紹介する「ビレッジ」も開催されます。ウォッチガードの脅威ラボのメンバーも、3 日間の DEFCON カンファレンスに参加し、たくさんのプレゼンテーションを発表しました。

以下のビデオでは、Marc と私が、DEFCON のバッジ、エレベーターの不正操作、DEFCON Wi-Fi ネットワークのスニッフィングの結果、Ron Wyden 上院議員によるプライバシーに関する講演を振り返っています。

エピソードビデオの長さ: 13:22

YouTube へのダイレクトリンク:https://www.youtube.com/watch?v=GPsI5YXvGBI

エピソードの参照情報:

Corey Nachreiner, CISSP@SecAdept

最新の脅威に対応するための Gateway AntiVirus エンジンの提供について