2020/04/23

5G と Wi-Fi のハンドオーバで発生するセキュリティリスクにどう取り組むか?

2020 年 4 月 23 日 編集部記事

昨年末にウォッチガードは、2020 年度に問題となるセキュリティ脅威動向予測のリストを発表しました。これらの予測のうちのひとつでは、5G と Wi-Fi 間におけるハンドオーバの新たな脆弱性を利用して、音声やデータが 5G スマートフォンから盗まれる可能性について取り上げました。この新しい移動体通信技術の基準が世界中に広まっていき、画期的な機能や効率のよさがもたらされるにつれて、業界は 5G 技術のセキュリティに対して一層の注意を払わなければなりません。

ウォッチガードのプロダクトマネージメントディレクターである Ryan Orsi は、ゲストとして5G Technology World に寄稿し、5G から Wi-Fi へのハンドオーバの仕組、移動体通信技術のエンジニアが知っておくべき Wi-Fi セキュリティの一般的なリスク、そしてその移動体通信から Wi-Fi へのハンドオーバという攻撃対象領域を保護するための対策について掘り下げています。以下は記事からの引用です。

「移動体通信から Wi-Fi へのハンドオーバで発生するセキュリティの問題に対する世界的なアプローチとして、エンジニアがこの業界で新たなセキュリティ標準を提唱していく取り組みが求められています。そのような取り組みへの支援を表明する手段のひとつとして、組織間で異なる標準が使用されているために起きるセキュリティ問題に関して、透明性と意識を向上するための取り組みである Trusted Wireless Environment に参加する方法があります。また、エンジニアチーム、会議、ソーシャルメディアの技術的なグループで、移動体通信と Wi-Fi のハンドオーバにおけるセキュリティの問題を取り上げて研究を進めることで、ワイヤレスの環境をさらに安全にできるはずです」

5G Technology World にアクセスして、記事全文をぜひご確認ください。

最新の脅威に対応するための Gateway AntiVirus エンジンの提供について