2017/12/15

2018 年のセキュリティ予測 – SDR が新たな Wi-Fi Pineapple になる

2017 年 12 月 15 日 編集部記事

前回、サイバー犯罪者の隠れ家に潜入して録画したセッションで、彼らが暗号通貨の攻撃計画を企てていることがわかりました。彼らはその後、計画を一歩前進させ、今度は、新しい無線通信ツールを使って簡単に攻撃できる標的を狙おうとしているようです。Wi-Fi Pineapple は何年もの間、ハッキングを容易にする手段として、世界中のアマチュアハッカーに利用されてきました。2018 年には、Wi-Fi 攻撃ツールのコモディティ化によってソフトウェア無線(SDR)がハッキングに使われるようになり、Zigbee、Sigfox、Bluetooth などの無線プロトコルに簡単にアクセスできるようになることが予想されます。

彼らは、簡単にアクセスできる SDR を使い、地元のショッピングモールに出かけてネットワーク認証情報を盗んだり、駐車場に行って GPS を不正操作して高級車を盗んだりすることを考えているようですが、彼らがしなければならない準備と言えば、YouTube に 300 万本以上も公開されている、ハッキング方法を教えるビデオを見ることくらいです。

詳細は、ビデオをご覧ください。

2018 年セキュリティ予測の全文は、www.watchguard.co.jp/resource-center/2018-predictions を参照してください。
九州地方の豪雨災害へのお見舞いと対応について