2019/09/03

米国とイランのサイバー攻撃合戦

hack Hacker ハッカー 匿名 マスク アノニマス ガイ・フォークス ハクティビスト

2019 年 9 月 3 日 Trevor Collins 著

ニューヨーク・タイムズ紙の最近のレポートによって、米国とイランによるお互いのインフラへの攻撃が続いていることがわかりました。7 日前のペルシャ湾の石油タンカーに対する攻撃を実行したとされるイランの準軍事部門は、米国によるサイバー攻撃で重要なデータベースを失うことになりました。この攻撃については、さまざまな疑問を呈する人もいるようです。このサイバー攻撃は、ペルシャ湾でのイランの軍事作戦に大きな損害を与えるのでしょうか?この攻撃が実行され、イランがこの攻撃を調査するのは確実であることを考えれば、イランが次の攻撃に備えることになり、今後の攻撃が困難になるのでしょうか?

ニューヨーク・タイムズ紙は最近の記事で、この攻撃に関連して、情報機関の元高官である Norman Roule 氏にインタビューしました。Roule氏は、

「敵側が覚えていなければならないのは、米国には、決して対抗することのできない巨大な力があり、攻撃行動を止められただけで済んだのであれば、攻撃側の誰にとっても本当に幸いだったと考えなければならない」

と述べました。

かつては、米国を始めとするいくつかの国が、交渉が失敗して戦争を始める前に、イランなどの国に対して経済制裁を実施しましたが、今は、経済制裁が十分でないとなれば、サイバー戦争が追加の段階へと進むことになります。イランに対する米国のサイバー攻撃は正にこれを地で行くものであり、一昔前なら、ミサイルによる報復攻撃が行われていたことでしょう。

イランや北朝鮮などの敵対国からのサイバー攻撃が増加することが予想され、特に今は、次々とサイバー戦争が繰り返される可能性があります。米国のインフラを標的とするサイバー攻撃に備える必要があり、いつ始まってもおかしくない状況です。

最新の脅威に対応するための Gateway AntiVirus エンジンの提供について