リモートワーカーのセキュリティを支援するリソース

ウォッチガードは、事業を展開するコミュニティのニーズをサポートしながら、顧客やパートナーにサービスを提供し続けています。事業継続性を確保するために、以下のようなステップを踏んできました。

ソーシャルディスタンス:シアトル(米国およびウォッチガード本社)、中国、シンガポール、イタリアのオフィスを拠点とする従業員には、在宅勤務が義務付けられています。

出張制限:CDC の旅行ガイドラインに従い、WatchGuard は、レベル 2 やレベル 3 のリスク国への出入りを含む、不要不急の出張をとりやめました。

生産:ウォッチガードは供給在庫が予測されたニーズを満たすことを確認しており、すべての製品の長期的な可用性を確保するために、ベンダーとの協力を継続しています。

サプライチェーン:私たちは、製造業者、貨物輸送業者、およびサプライチェーン内のその他のポイントと日常的に連絡を取り合い、問題を評価、管理、軽減しています。

サービスの可用性:WatchGuard CloudのAuth Point、Threat Detection and Response、Wi-Fi Cloud、DNS Watch / DNS Watch GOを含むすべてのクラウド・サービスが、需要が増加しているこの時期に100%の容量を維持できるように取り組んでいます。

サポートへのアクセス:当社のカスタマーサポートチームは完全に稼働しています。このような場合のために、チームは在宅ワーク/事業継続対応計画を持っており、お客様はサービスとサポートに違いがあることに気づくことはありません。

受注管理業務:営業・受注処理機能は通常通り稼働しており、全ての担当者がリモートで作業し、全てのアカウントと受注処理を100%カバーしています。

リモートワーカーのセキュリティを高めるための迅速かつ効果的な方法を探しているかもしれません。ここでは、すべての企業が検討できる対策と、その対策に役立つリソースのリストをご紹介します。

  • 従業員が外出している間に事業を継続するための計画を精査する
  • リモートワークへの期待を伝えるための方針の見直し
  • 在宅勤務中にサイバーセキュリティ攻撃の被害に遭わないようにする方法を従業員に教える
  • 多要素認証の実装
  • 必要に応じてVPN容量を拡張
  • 安全なWi-Fiネットワークを有効にする

ウォッチガードがお手伝いします

企業がモバイルワーカーを守るためのサービスを無料・割引価格で提供しています。

ウォッチガードパスポート

ウォッチガードパスポートは、フィッシング攻撃をブロックし、ウェブポリシーを実施し、世界中のどこにいても人を認証することができるように設計された、ユーザーに特化したセキュリティサービスのバンドルです。ウォッチガードは期間限定で、パスポートの DNS フィルタリングと多要素認証のコンポーネントである DNS Watch GO と Auth Point を、最大 250 人のユーザーを対象に 120 日間無料で提供しています。

Free AutoPoint MFA
Free DNSWatchGO
Learn About Passport

WatchGuard Firebox VとVPN

クラウド・ホスト型のファイアウォールは、HQ 向けの VPN トラフィックの負荷分散や、企業が必要とする接続に対応するための拡張を支援することができます。VPN トラフィックの急増を乗り切るために、ウォッチガードは Firebox V のライセンスを 120 日間無料で提供し、3つのモバイル VPN オプションもサポートし、特定のニーズに対応できるようになっています。

無料の Firebox V ライセンスを登録するには、ウォッチガードパートナーに直接お問い合わせください。

Learn About WatchGuard Mobile VPN
FireboxV and COVID-19 licensing FAQ

九州地方の豪雨災害へのお見舞いと対応について