2019/10/10

ウォッチガード が 2019 年 Cyber Defense Global Awards の 6 部門で受賞を果たす

trophies トロフィー 受賞 アワード award

2019 年 10 月 10 日 編集部記事

Cyber Defense Magazine の 2019 年 Cyber Defense Global Awards の優れたリーダーと革新的セキュリティソリューションを選出する 6 つの部門で、ウォッチガードが映えある受賞を果たしました。

Cyber Defense Magazine は、IT セキュリティ分野のニュースや実用的な情報を常に発信しており、200 万を超える読者から大きな支持を得ています。独立機関による審査と分析に基づいて、世界中のサイバーセキュリティの優れた企業と情報セキュリティのイノベータを選出する同プログラムも、今年で 7 年目を迎えました。ウォッチガードの 2019 年 ISPG Cyber Defense Global Awards の全受賞内容は以下の通りです。

  • Chief Executive Officer of the Year(年間最優秀 CEO)
    – Prakash Panjwani
  • Chief Technology Officer of the Year(年間最優秀 CTO)
    – Corey Nachreiner
  • Security Expert of the Year(年間最優秀セキュリティエキスパート)
    – Marc Laliberte
  • Best Authentication (Multi, Single or Two-Factor) Product(最優秀認証(多/単/二要素)製品)
    AuthPoint
  • Best Unified Threat Management (UTM) Product(最優秀 UTM 製品)
    WatchGuard Firebox M270
  • Leader, Firewall(ファイアウォールのリーダー)
    WatchGuard Firebox M270

Cyber Defense Magazine の編集長である Pierluigi Paganini 氏は、今回の選出について次のように説明しています。

「サイバー犯罪によって、数百億件のレコードが不正取得され、その被害額が数兆ドルに達すると見込まれる中で、ウォッチガードは、新しいアプローチによるサイバー犯罪者からの保護を可能にするイノベータとして高く評価され、今回の受賞を果たしました」

2019 年 Cyber Defense Global Awards の全受賞者については、オンライン、または Cyber Defense Magazine の 2019 年 Global Annual Edition のデジタル版を参照してください。

最新の脅威に対応するための Gateway AntiVirus エンジンの提供について